トップ画像

イントロダクション

マジック好きの高校生、黒羽快斗(くろば・かいと)
父は天才マジシャンであったが、世界的な大泥棒〈〈怪盗キッド〉〉という裏の顔も持っていた。
しかし、その父がマジック中の不慮の事故で他界してしまう。
それから8年、快斗はひょんな事から父の裏の顔を知り、事故死ではなく何者かに殺害されたのではないかという疑惑を抱く。

その疑惑に挑むべく、シルクハットと白いマントに身を包み、 父の跡を継いで〈〈怪盗キッド〉〉となるのだった──

「まじっく快斗1412」の「1412」は怪盗キッドの国際犯罪者番号を示す。

青山剛昌「まじっく快斗」(小学館刊) 原作コミックス1~4巻発売中!!

青山先生のコメント

「どーも青山です!『快斗のアニメ?この前やんなかったっけ?』っていうのが正直な感想でしたが、まだアニメ化されていない原作の話をいっぱいやってくれるそうなのでとても楽しみです。
やっぱ、いちばん苦労した怪盗淑女(ファントム・レディ)に期待かな(笑)」