menu

komische OPER

Die Zauberflote 演出家・指揮者Die Zauberflote 演出家・指揮者

Komische OPER

© Hanns Joosten© Hanns Joosten

世界を魅了した魔法使いたち世界を魅了した魔法使いたち

  • 総監督 / 首席演出家 バリー・コスキー総監督 / 首席演出家 バリー・コスキー

    オーストラリア出身。
    1996年からオーストラリアのアデライーデ・フェスティバルの芸術監督
    2001年から05年までウィーン・シャウシュピールハウスの共同インテンダント。
    2012/13年シーズンからベルリン・コーミッシェ・オーパ―(通称KOB)の総監督(インテンダント)兼首席演出家。

    バリー・コスキーがKOBの現職に就任して1シーズン後の13年秋、権威あるオペラ専門誌『オーパンヴェルト』年鑑の50人の専門家が、KOBを「最優秀オペラ劇場」に、16年にはバリー・コスキーを「最優秀演出家」に選んだ。
    16年、同年鑑が新たに設けた一般観客の投票でも「最優秀演出家」に選ばれた。
    インターナショナル・オペラ賞は14年にバリー・コスキーを「最優秀演出家」に、15年にはKOBを「最優秀オペラ劇場」に選んだ。
    12年、バリー・コスキーは「ローレンス・オリヴィエ・オペラ賞」も受賞した。

    バリー・コスキーは、オペラ、オペレッタ、ミュージカル、ダンス、レビューなど旧来の枠づけにとらわれず、KOBの他、ミュンヘン、ウィーン、ロンドン(コヴェントガーデン、イングリッシュ・ナショナル・オペラ)、チューリヒ、フランクフルト、マドリッド、グラインドボーン・フェスティバルなどで演出、注目を集めている。
    17年夏には、バイロイト音楽祭『ニュルンベルクのマイスタージンガー』新演出を手掛けた。演出家としてはバリー・コスキーがバイロイト史上初のユダヤ人だった。ウィーン国立オペラの音楽監督に決まったフィリップ・ヨルダンと良い共同作業をおさめ、大きな注目と高い評価を受けた。

    今後は、上記以外にパリ・オペラ、ニューヨーク・メトロポリタン・オペラ、エクサン=プロヴァンス・フェスティバルでの演出を予定している。

  • 演出家 スザン・アンドレイド演出家 スザン・アンドレイド