ケンミンの秘密

ページの先頭へ

2014.11.13 OA

「豚丼」北海道帯広市
・帯広市内で、豚丼を提供するお店は200軒以上。豚丼専門店のみならず、居酒屋やラーメン店、焼肉店などでも提供されている。そして、2月10日は「フタ」と「テン」=「豚丼の日」なのだという。
・帯広市では、豚丼に使用する豚肉は「ロース」と「バラ」が定番。ロースは肉と脂のバランスが取れた豚丼が楽しめるという。一方のバラは、ロースに比べて脂身の部分が多く、ロースに比べてこってりとした豚丼になる。
・豚丼は、お店によって「網焼き」で作るところと、「フライパン」で作るところがある。網焼きの場合、豚肉の脂が落ちて香ばしく仕上がるという。フライパンの場合は、豚肉の脂を逃さず、タレと合わせることで、よりジューシーな豚丼に仕上がるという。
・帯広市内のスーパーでは、豚丼のタレが普通に陳列されている。豚丼のタレは10社以上のメーカーから販売されている。

「大船渡市周辺に住む岩手県民は、『鍋』でも『うどん』でもないお菓子『なべやき』が大好き!?」
なべやきは、小麦粉と黒砂糖(または白砂糖)の生地をフライパンなどで焼き、モチモチした食感に仕上げたお菓子。リンゴ、かぼちゃなどを加えたものもある。さらに、塩味にしてウインナーを入れるなど、いろんな種類がある。

ケンミンのお財布事情を赤裸々に発表する人気企画!さまざまなジャンルの年間支出金額の最低県を発表!

ページの先頭へ

copyright