ケンミンの秘密

ページの先頭へ

2014.10.23 OA

「天ぷら」
・沖縄県民にとって、天ぷらはおやつ感覚のファストフード。お値段も1個50円からと超リーズナブル!
・沖縄県内には、沖縄スタイルの天ぷら専門店が約120軒ある。スーパーや鮮魚店などを含めると、1000軒以上が分厚い衣の天ぷらを提供している!
・沖縄では、コストが高いエビ天は定番ではない。また、四季のない沖縄では、1年を通してメニューがほぼ変わらない!? イカと魚が定番の食材で、もずくやウムニー(紅芋)といった沖縄らしい食材も使う!
・沖縄の天ぷらは、衣に塩味が付いているため、そのまま食べるのが基本。ウスターソースをかけて食べるのもスタンダード!
・沖縄の天ぷらに使用する卵の量は、一般的な生地の約5倍!そうすることで、しっとり感のある独特の衣になるという。

「菊川市周辺に住む静岡県民は、くずで出来たアイス『くずシャリ』が大好き!?」
和菓子店「桜屋」が製造販売する「くずシャリ」は、くず粉を使い、冷たいゼリーのような食感が楽しめるアイス。冷蔵庫から出しても溶けず、アイスクリームに比べてカロリー1/2なのが魅力。いちごみるく、桃、みかん味など7種類の味がある。

津軽弁vs南部弁
青森県民が使う2つの方言「津軽弁」「南部弁」。果たして、青森県民はお互いの言葉を認識できるのか徹底調査!
<調査結果>
標準語「それじゃあダメだよね」のことを、津軽弁は「せばだばまいねびょん」、南部弁は「それだばわがねべ」と表現し、やはりお互いの言葉は通じないことが判明。そして、どちらも超難解だったことが分かった!

ページの先頭へ

copyright