ケンミンの秘密

ページの先頭へ

2010.04.22 OA

佐野市に住む栃木県民は、大根の千切りをのせた“大根そば”が大好き!?
佐野周辺では、明治時代から大根そばを食べていたと言われ、食料の乏しかった時代、量を増やして満腹感を楽しむために考え出されたという。大根は、軽くゆでる店も生で載せる店もあるようだ。

黒石市に住む青森県民は、マッコ市の日、早朝から思いっきり買い物をする!?
「マッコ市」とは、毎年2月の第1日曜の早朝からに開催される大安売りセールのことで、江戸時代から行われているという。昔は曜日に関係なく旧正月に開催していた為、仕事や学校へ出かける前に、買い物ができるよう、早朝にお店を開けるようになったのだとか。「マッコ」とは津軽弁で「お年玉」の事で、買い物をすると、景品が貰えるのも大きな魅力のようだ。

ソリのことをボブスレーと言ったら北海道民!?
子供がソリ遊びに使う様な、プラスティック製のソリのことを「ボブスレー」と呼ぶのは、札幌五輪と関係があるらしい。1972年、札幌でオリンピックが開催された時に、日本がボブスレー競技に初参戦。このときに、当時子供だった、今の40代の世代の人たちがボブスレーを見て、2人で乗って遊ぶソリと様子と似ていたことから、この呼び方が定着したようだ。

ページの先頭へ

copyright