ケンミンの秘密

ページの先頭へ

2016.03.10 OA

ごっこ
・北海道民にとって、「ごっこ」は冬の時期しか手に入らないプレミアムフィッシュ! 「ごっこ汁」と呼ばれる鍋で食べるのが大定番!
・ごっこ漁は、主に道南地域で12月~3月の期間のみ行われる。ごっこは水深100m~1500m付近に生息し、冬のみ産卵のため浅瀬に浮上してくる。正式名は「ホテイウオ」と言い、七福神の「布袋さま」に似ていることから名付けられたという。
・北海道民たちは、ごっこの卵「こっこ」を熱愛! そのため、メスの価格はオスの倍以上になるという。また、メスよりオスのほうが身の味が濃いため、ごっこ汁にはオス・メス両方を入れるという。
・ごっこの干物「生干し」も定番! ごっこ汁以外の料理は、生干しを使うことが多く、「ごっこの唐揚げ」「ごっこのバター炒め」などにして食べる。

今年の正月SPで大好評だった「大阪フミンの自慢話」の第2弾! 街頭インタビューで集めた大阪府民の爆笑自慢話をたっぷりと紹介!

静岡県にある新幹線の駅にはあの『のぞみ』が一切停まらない!?
・静岡県は、東海道新幹線の停車駅が6つも存在(熱海駅、三島駅、新富士駅、静岡駅、掛川駅、浜松駅)。まさに日本の新幹線王国!
・しかし、「のぞみ」が静岡県の駅をすべて素通り…。東京駅を出発した「のぞみ」は、品川駅・新横浜駅で止まり、静岡県内の6駅をスルーし、名古屋駅まで一気に行ってしまう…。
・だが、静岡県内に6つ駅があるため、静岡県民は「こだま」を通勤などで利用。「新幹線と言えばこだま」と、とても深い愛情を持っている!?

ページの先頭へ

copyright