ケンミンの秘密

ページの先頭へ

2012.06.28 OA

みやま市に住む福岡県民は、おにぎりの中に半熟の煮玉子が入った『玉めし』が大好き!?
玉めしは、みやま市の道の駅にある「あげもんイワナガ」で販売。煮玉子は卵かけご飯用の卵を使用し、おにぎりは煮玉子に使った特製ダレで味付け。1日最高で500個を売り上げたこともあるという人気商品!

水戸市に住む茨城県民は、シュークリームに大福が入った『シューあら大福』を食べる!?
シューあら大福は、サクサクのシュー生地の中にカスタードクリームと生クリーム大福を入れたもの。和菓子店「菓匠にいつま」で販売され、多い日には1日100個を売り上げるという看板商品!

紫波町に住む岩手県民は、ハムカツに餅を入れた『もっちりハムカツ』を食べる!?
紫波町は、もち米の品種「ヒメノモチ」が名産品。もち米を身近な食べ物としてPRしようと、「もっちりハムカツ」を考案したという。紫波町の「レストラン 果里ん亭」などで食べられる。

長崎市に住む長崎県民は、中に何も入っていない焼き菓子『一口香』が大好き!?
「一口香」は、割ってみると、なんと中が空洞! だが、生地の内側に黒砂糖と水飴などの餡がくっついている。江戸時代、中国船の船員が携帯した“中が空洞になった乾パン”をヒントにして考案したという。「茂木 一○香 本家」で販売されている。

苫小牧市周辺に住む北海道民は、殻付きのホッキ貝を素早くむく事が出来る!?
ホッキ貝を素早くむくスゴ技コツは、(1)貝を閉じる力が強いので正面突破はしない(2)貝側面にある水管のすき間にナイフをさし込み貝柱を切って開ける。

ページの先頭へ

copyright