連続転勤ドラマ 辞令は突然に…

ページの先頭へ

2016.05.26 OA

キャスト

東写真

東 京一郎役
水沢 駿

はるみ写真

東 はるみ役
黛 英里佳

3rdシーズン 奥様はフリーライター編 Vol.173「静岡・第1話」

◇防災訓練
静岡県民は震災などの防災意識がとても高く、町内だけでも大小合わせて平均年10回は防災訓練が行われている。震災総合訓練参加率はダントツの全国第1位。
◇静岡県民の方言
静岡県では「オレたち」「子供たち」などグループを指す言葉を「オレっち」「子供っち」と言う。また、「市役所」を言うときなどは、単語の頭にアクセントを付けることが多い。
◇厄除だんご
厄除だんごは、袋井市の厄除け観音で有名な「法多山 尊永寺」の境内にあるお茶屋さんで販売。150年前から参拝客に振る舞われ、食べると厄が落ちると言われている。ここでしか買えない希少さもあり、静岡県民はこの厄除だんごをお土産にもらうとテンションが上がるという。また、串が5本付いた厄除だんごは、割って食べるとご利益がなくなるという伝説がある。
◇株式会社しずおかオンライン
静岡市に2001年に設立した出版社。静岡県のホットな情報を伝えるタウン誌などを出版。月刊フリーマガジン「womo」(ウーモ)を筆頭に、静岡のレジャー情報誌「ジモトリップ」、県内中心の住宅情報誌「イエタテ」など、地元ならではのコアな情報を発信している。
◇womo
静岡の女性に向けた地元のグルメ、イベントなどの情報を掲載。定期的に行う静岡のイケメン特集が静岡女子に大人気。月に静岡版8万5千部、浜松版6万5千部を発行。県内屈指の情報ソースとして県民に親しまれている。
◇オクシズ
静岡市の山間部のことを通称「オクシズ」と呼び、都会では味わえない田舎の雰囲気を満喫できることから、最近人気のエリアとなっている。
◇縁側カフェ
静岡のニュースポット「縁側カフェ」はお茶農家が営む一般家庭が、自宅の縁側を開放。緑茶や手作りのお茶請けを提供する。大沢地区では、23軒の縁側カフェが月2回開放(第2、4日曜日のみ)。多くのお客さんで賑わっている。
◇お茶王国・静岡
静岡はお茶の製造・消費量ともに全国第1位。新茶を飲むときは、新茶の香りが飛ばないようにぬるめのお湯で入れることは、静岡県民の常識だという。また、授業でお茶のことを習う学校もある。

ページの先頭へ

copyright