バックナンバー

#222 聖護院かぶ(京都府亀岡市)

2017年1月17日放送

京都縦貫自動車道 篠ICから15分、京都府亀岡市へとやってきました。
この時期、京都の伝統野菜「聖護院かぶ」が旬を迎えています。
昼夜の寒暖差が激しい亀岡盆地はほぼ毎日霧が発生します。
その霧が太陽の光を遮るので日照時間が短くなり、かぶはゆっくり成長します。
急激に成長しないので甘みが増し繊維質の細かい立派な聖護院かぶになるんです。
また霧の成分がかぶに染み込んでいくので美味しさが増すとも言われています。
聖護院かぶは主に千枚漬けにして食べるのが人気ですが、今回はかぶをおろし金ですり潰し、魚と野菜、そして塩だけで味付けをして合わせた「蕪蒸し」や仕込み包丁で花の形にしたかぶを煮込んだ「鯛蕪」、さらにはかぶとリンゴを煮込んでミルフィーユ仕立てにしたスイーツをご紹介します。

■番組でご紹介したお店■
京料理 松正
京都府亀岡市篠町篠上北裏91-1
TEL:0771-24-0567
京都縦貫自動車道 篠ICから15分 

PHOTO

MAP


桂川PA(上り)

京都おばんざい定食 850円

松華堂弁当をモデルにした当店限定御膳です。
はんなりした京独特の味付けで、メインの京豆腐は冬は湯豆腐、夏は冷奴に衣替えしお客様に楽しんでいただいております。

ホームページ上に掲載された番組に関わる全ての情報は放送日現在のものです。あらかじめご了承ください。

高速料金検索はコチラ