バックナンバー

#203 新子(マルソウダの幼魚)(高知県須崎市)

2016年8月30日放送

今回は高知自動車道 須崎東ICから15分の須崎港にやってきました。
今、旬を迎えているのが、カツオの種類の1つ「マルソウダ」の幼魚。
地元では「新子」と呼ばれています。
この時期新子は、須崎で最も注目される魚。
というのも大きく成長してしまうと刺身で食べるには身が固くなってしまうので、大きくなる前の8月9月にしか味わえない、まさに旬の食べ物。

そして、この新子を刺身で食べるときに絶対に欠かせないのが「仏手柑(ぶしゅかん)」という酸味の強い柑橘類。
地元ではこれをたっぷりつけて味わうのが定番なんです。
仏手柑によって、新子の柔らかい身にぷりぷり感が加わって、格別な味になるんです。
そして、この仏手柑の酸味が強いのが8月、9月。
最高の組み合わせを最高のタイミングでご賞味ください。

■番組で紹介したお店情報■
須崎魚河岸 魚貴 須崎本店
住所:高知県須崎市西崎町43
電話:0889-42-5170
高知自動車道 須崎東ICから10分

PHOTO

MAP


南国SA(上下線)・立川PA(下り線)

龍馬パスポート

高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」の龍馬パスポートをご持参いただくと、お買いもの金額に応じて特産の芋けんぴなどのプレゼントがあります。

ホームページ上に掲載された番組に関わる全ての情報は放送日現在のものです。あらかじめご了承ください。

高速料金検索はコチラ