#26“売る”編 第13回(オークションスタート:5/11〜)
4月2日放送

下記、チャリティーオークションは終了しました!ありがとうございました!

森下悠里

バドミントンのラケット

部活はあれども他校との試合はしない!
ユニフォームが可愛かったという理由で、バドミントン部に所属。
週5で結構熱の入った練習をしていたが、対外試合の経験はない。
対戦相手は、常に同じ学校の部員。当然、インターハイ予選などに参加したことがなく、練習を頑張れば頑張る程せつなくなった、あの当時の苦い想い出たっぷりのひと品。
そもそも、中高一貫の一風変わった全寮制の学校で、とにかく学校からは「外は邪悪」。つまり、学校の敷地外はすべて「邪悪」であると教え込まれた。
親や兄が通っていたこともあり、仕方なく通ったが本当に地獄だった。
寮の朝・昼・晩の食事は校則で肉・魚が禁止されており、野菜とグルテン(大豆などに含まれるタンパク質を肉状に加工したもの)を6年間食べていた。
他にも、逢引したら停学になっちゃうという校則もあった。
落札額:¥40,499

ブログ写真集にものっている私服

最高で1時間に17万もアクセスがあるブログ。エロくて有名で、日本だけじゃなく海外からもアクセスが多く、念願の初書籍化。
ちなみにこの写真集で着ている私服の時ノーブラです。基本ブラジャーが嫌いで、いつもつけていない。
落札額:¥80,111

漫画家検定特別3級を取った漫画

漫画家検定をとる企画で、その時に書いたもの。
用紙に3つのマンガが書いてあり、一番最後の枠が1つ空いていてその続きを書いて完成させるというのが試験内容。
その時、某有名漫画家も一緒に出ていたのだが、わたしの方が漫画がうまいと協会の方に認められた。
ちなみに、母親が絵の先生をやっていて、昔からわたしも得意だった。
落札額:¥31,499

なだぎ武

ディラン・マッケイの初期の衣裳
シャツ+スニーカーの2点セット

元々「ディラン・マッケイ」のネタは単に自分が好きで、当時付き合っていた彼女や身内に見せて楽しむくらいのものだった。
そんな中、ある番組の企画で当時人気のあった「某芸人に続け!」というキャラオーディションのコーナーで欠員が出た為急遽オファーが来た。
急遽だったので番組側からも「とりあえず出るだけ」みたいな軽い感じで、その時マイブームだった「ディラン・マッケイ」をやった所、大爆笑。さらに、優勝までしてしまった。
ちなみに、その時は軽い気持ちで「ディラン・マッケイ」に挑戦したので、衣装もありもの。カツラも、今ほど洗練されたものではなかった。
しかしR-1優勝までの1年間、「ディラン・マッケイ」のネタを磨くと同時に、衣装も試行錯誤。その試行錯誤しながら舞台に立った、想い出深い一品。
落札額:¥4,001

某お笑い芸人から買った
3万円のアーミージャケット

某お笑い芸人が着ていたこのアーミー系のジャケットがあまりに格好よく、どうしても欲しくなった。すると「3万円だったらいいよ」と言うので、当時まだブレイク前で金銭的な余裕は無かったが、思い切って買ったジャケット。
初めて、そのジャケットに袖を通した日は仕事で、よりによって「心霊スポット巡り」。一晩に何枚の心霊写真を撮れるかという、かなりスリリングなロケだった。そして何カ所か回るうちに、明らかに両肩が重く、体に異変を感じ始めた。
ロケを中断し霊媒師のもとに行くと、突然カメラの映像が乱れ始めたり、さらにずっしりと両肩が重くなった。除霊をしてもらい、終了すると共にカメラの映像の乱れも直った。
ただ緊迫する現場を思い返すと、今でもゾッとする。
たまたま、それ以来着ることのなくなったこのジャケット。
決して、霊にとりつかれたから出品するのではなくて、除霊済みの清いジャケットとして出品します。
落札額:¥8,251

2008年R-1で優勝した時の
ネタ小道具の上履き

去年のR-1で優勝した時のネタで使用した上履き、でネタの衣裳として自分で買った上履き。
2008年当時大ブレイクした某芸人の為の大会だと言われるほど、その芸人が期待されている中で、前年優勝し、2連覇を狙うプレッシャーに討ち勝ちった戦友。
落札額:¥23,500