ボリショイ・バレエ

初来日から60年、バレエの殿堂が魅せる輝きと進化!

世界3大バレエ団の一つ、ロシアのボリショイ・バレエ団。
大阪公演では、クラシックバレエの代表演目でもある「白鳥の湖」(全幕)と「ジゼル」(全幕)。
「白鳥の湖」では、ボリショイ・バレエ団の女性プリンシパルの中で最も期待されている、オルガ・スミルノワと、スミルノワと共演が多く男性バレエダンサーの中でも人気の高いセミョーン・チュージン。
「ジゼル」を演じるのは、期待の新星プリンシパル、マリア・ヴィノグラードワと、ボリショイバレエ団で最も人気のある男性プリンシパル、イワン・ワシーリエフ。

必見のスターダンサーたちの競演をぜひ お見逃しなく!!

開催日
◆「ジゼル」(全2幕)
2017年6月17日(土) 
 開場16:30/開演17:30

◆「白鳥の湖」(全2幕4場)
2017年6月18日(日) 
 開場15:00/開演16:00
会 場
フェスティバルホール
キャスト・スタッフ
舞踊監督:マハールベク・ワジーエフ
管弦楽 :ボリショイ劇場管弦楽団

◆「ジゼル」
  ジゼル:マリーヤ・ヴィノグラードワ
  アルブレヒト:イワン・ワシーリエフ 他 

◆「白鳥の湖」
  オデット/オディール:オルガ・スミルノワ
  ジークフリート王子:セミョーン・チュージン 他
会場アクセス
フェスティバルホール