ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人

男鹿 和雄 プロフィール

1952年2月29日、秋田県生まれ。高校を卒業後、上京し専門学校に入学するも1年で中退。アルバイトなどを続けていた1972年、アニメーション背景美術の会社・小林プロダクションに入社。「樫の木モック」で初めて背景を手がけ、以後、小林七郎の下で数々のアニメーション作品の背景を担当する。1975年に小林プロを退社後、一時、日本中を放浪し、その後、仙台の看板屋に約1年半勤務する。1977年、小林プロへ戻り、「ユニコ」や「コブラ」といった劇場作品を手がけた後、1982年に再び退社。その数ヶ月後、劇場映画「幻魔大戦」に取り組んでいた美術監督・椋尾篁の誘いで同作に参加。その後、「はだしのゲン」や「時空(とき)の旅人」「妖獣都市」といった、マッドハウスが制作する劇場映画の美術監督を手がける。1987年、「火垂るの墓」の美術監督・山本二三の紹介で、宮崎駿監督作品「となりのトトロ」に参加。以後、スタジオジブリ作品「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「もののけ姫」(共同)で美術監督を務める。「耳をすませば」参加後はフリーとなり、現在まで数多くのアニメーション作品の背景美術に携わる。同時に、絵本、イラストレーション、書籍の挿絵なども手がけ、2006年には「種山ケ原の夜」でDVD作品の監督も務めた。

 

男鹿和雄の魅力

「男鹿さんの描く絵では空気も澄んでいます。風が吹けば、木々は葉をさらさらと鳴らしてくれそうです。」
                                                −高畑 勲 『男鹿和雄画集』(1996)より

「『となりのトトロ』の世界の味を出しているのは、男鹿さんの美術だと思っています。」
                                         −宮崎 駿 「となりのトトロ」ロマンアルバム(1988)より

1.トトロの森を描いた人。

アニメーション美術において、そのキャリアと実力を高く評価されていた男鹿和雄は、「となりのトトロ」で初めてスタジオジブリ作品に美術監督として参加。ここで、監督の宮崎駿に出会った。自然の風景や森の動物、植物に特別な思いを持つ男鹿は、人間的な温かさと、深く柔らかく、鮮やかな色合いとを持った素晴らしい背景画を描き、トトロの数々の名シーンを支えた。サツキがメイを探すシーンでは、暮れ行く夕日の風景が、サツキの不安な心持ちを映し出した。 「アニメーションの美術は、映画の品格を決める決定的な役割を持っている」と語る宮崎駿。その後の映画作りにおいても、男鹿和雄は欠くことのできない大切な存在となった。


2.“絵職人”男鹿和雄へのスタッフからの厚き信頼。

男鹿和雄は、高畑勲監督作品「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」でも美術監督を務めた。特に「おもひでぽろぽろ」では、舞台が紅花の産地山形となったが、これは高畑勲が、男鹿和雄の出身地が東北地方であることを考えてのものだった。その結果描かれた、紅花畑をはじめとする美しい背景画は、写真と間違えられたというエピソードを持つほど真に迫るものだった。 その後、「もののけ姫」で美術監督(共同)を務めた男鹿は、その他の作品でも、実力を頼りに重要なシーンでの背景を任されている。「千と千尋の神隠し」では、千尋が不思議の世界に迷い込む前に象徴的に描かれた巨木のあるシーン。「ハウルの動く城」では、ソフィーがハウルの原点に触れるきっかけとなった広大な花畑のシーン。男鹿和雄に対するスタジオジブリのスタッフの信頼は、厚い。


3.一言で表せば“瑞々しさ”。光、風、そして匂いまでも感じさせる作品を支えるもの。

「自然の風景や植物には定まった色や形は無い」と語る男鹿和雄は、描く風景の参考にしたい場所を実際に歩いて確かめる。秋田出身の男鹿は、山菜やキノコを採り、魚釣りや川遊びをして少年時代を過ごした。彼はその体験が、絵を描くにあたっての財産であると感じているが、歩き観察することで、更にその財産は積み重なる。穏やかな人柄に潜む、徹底した仕事に対する厳しいこだわりの目線。その作品は、光や風、さらには匂いまでも感じさせる。 その魅力を一言で表せば、「瑞々しさ」。 男鹿和雄の絵には、観る者の心を、清清しく、元気にさせる力がある。