戦う!料理男子 COOK BOSS(クックボス)

戦う!料理男子 
COOK BOSS Round2

2018年1月24日(水)
深夜1:29~放送(※関西ローカル)

※放送時間は都合により変更になる場合がございます。

調理の様子


調理の様子

みどころ

2017年11月、読売テレビが世に放った料理の総合格闘技番組『戦う!料理男子 COOK BOSS』の第二弾が放送決定!!

この番組では、本業を持ちながらプロの料理人さながらの腕前を持つ素人料理男子が、互いの腕を競い合う。決められたテーマ食材を使って制限時間内に調理。会場に集まったオーディエンスがその味を確かめ、投票によって勝敗が決する。料理のジャンルや経験は不問。ただ、そこにあるのは「うまいか、うまくないか」。

対決は料理男子によるダブルス戦。テーマ食材である「味噌」を使った料理で対決する。さらに今回は和食を代表する食材・味噌をより広く楽しんでほしいと『ワインに合う和食』という料理テーマも設けた。 MCは平松翔馬(読売テレビアナウンサー)、各チームの調理の様子や驚きの工夫、そしてチームワークなどを伝える「チームリポーター」は読売テレビ新人アナウンサーの中村秀香とFM OH!(FM OSAKA)でDJを務めるizumiが担当。11月での放送に引き続いて読売テレビとFMOH!のメディアを超えたコラボが再び実現した。 MC陣と共に調理の進行を伝える解説には、前回勝者の料理男子・田中友規と、和食文化を世界に広める活動をしている農林水産省食文化・市場開拓課長・西経子を迎えた。さらに、ゲスト解説として俳優・市原隼人が登場!自らも「朝から築地に生きた魚を買いに行って、朝ごはんを作る」というほどの料理男子、市原の目線にも注目だ。

今回の出場者は、青コーナーがワイングラスメーカー『リーデル』に勤める白水健と、白水の高校の同級生という本橋博、赤コーナーが料理雑誌『bouno(ボーノ)』の編集長を務める島貫明生と編集者の諸橋宏。いずれも過去に『COOK BOSS』に出場経験があり、優勝を争ったことがある実力派チームだ。

ゴングと共に料理バトルがスタート!青コーナーの白水&本橋は開始早々、カレーで使うクミンやコリアンダーなどのスパイスをオリーブオイルで炒めて作った香味油と味噌をドッキング。会場には食欲をそそるいい香りが広がる。一方の赤コーナーの島貫&諸橋は鍋で米を炒めつつ、海苔の天ぷらを揚げる。抜群のチームワークでテンポよく調理を進める両チーム。青チームの本橋が調理中に水を飲む余裕を見せれば、赤チームの島貫&諸橋は赤ワインで乾杯するなど、意地と意地がぶつかり合う展開に会場の熱気も急上昇!赤コーナーのチームリポーターを務めるizumiは、赤コーナーの魅力を伝えるため、揚がった海苔の天ぷらを会場のオーディエンスに試食してもらうアドリブも!中村アナも負けじと青コーナーの奮闘を伝えるが・・・試作段階で起こった青コーナーのあるエピソードを暴露してしまい、青コーナーのチームワークに影響が!?順調に進むと思われた両チームの調理だが・・・残り35分が近づいた時、赤コーナーに異変が。諸橋が「時間がやばい」と漏らしたそのワケとは!?50人前の料理が時間内に完成出来ない危機に!?

調理の様子


調理の様子

息詰まる料理バトルの展開に、オーディエンスの興奮も最高潮!熱気とおいしそうなにおいに、会場の空気もはち切れそうなほど。赤コーナー、青コーナーそれぞれの料理を食べたオーディエンスたちの顔には、料理のクオリティの高さに対する驚きと喜びの表情が。「どちらも本当においしい!どっちに投票するか決められない!」と解説陣やオーディエンスを悩ませた勝敗の行方はー!

出演

  • <司会>
    平松翔馬
    (ytvアナウンサー)

    <チームリポート>
    izumi
    (FM OH! DJ)、
    中村秀香
    (ytvアナウンサー)

    <解説>
    西経子(農林水産省 食文化・市場開拓課長)
    田中友規
    (前回優勝者)

    <ゲスト解説>
    市原隼人

配信情報

『戦う!料理男子 COOK BOSS』

読売テレビ無料見逃し配信サービス「ytvMyDo!」にて第一弾・第二弾配信中

リンク

出演者も登録している、料理男子SNS「.cook(ドットクック)」はこちら!