事件ファイル

事件ファイル
2016年10月15日(土)放送

第836話 「仲の悪いガールズバンド(前編)」

 放課後、喫茶店「ポアロ」に立ち寄った蘭、園子、世良。昨夜、女子高生バンドの映画を見たという園子は自分たちも女子高生バンドを結成しようと2人に提案する。そして、園子がドラム、世良がベース、蘭がキーボードを担当する事に。園子はギターをやってとポアロの梓に頼むが、梓は弾けないと断る。この後、ギターが弾ける安室が貸しスタジオで蘭たちに楽器を教える事に。だが、スタジオの部屋は空きがなく、コナンたちは部屋が空くまでの1時間、地下休憩所で待つ事にする。

 休憩所にはガールズバンドのギター、木船染花、ベース&ボーカルの笛川唯子、キーボードの小暮留海、ドラムの山路萩江もいた。染花らはちぐはぐな演奏を反省。リーダーの萩江は休憩後に練習を再開しようと提案し、スタジオで10分仮眠をとると伝える。留海は伸びた爪が演奏の邪魔になるため、唯子に爪切りを借りる。唯子は染花の服の取れかけのボタンを縫い付けてあげる事に。この時、他界したメンバー、首頭朱音の話題になる。萩江が被っているニット帽は朱音が編んだもの。4人はボーカルだった朱音の追悼ライブに向けて練習をしていたのだ。

 コナンたちが地下休憩所で話していると、1階のスタジオから悲鳴が聞こえてくる。スタジオでは萩江がドラムセットに突っ伏して絶命していた。首には吉川線があり、世良たちは何者かに絞殺されたと推理する。コナンはスタジオの天井にある防犯カメラに気付いて映像を確認する事に。だが、染花たちは自分たちの演奏を自撮り棒に固定した携帯電話で撮影していたため、その携帯が邪魔になって防犯カメラの映像は半分遮断されていた。丁度、萩江が絞殺されたドラム付近は全く映っていなかった。

 この後、駆け付けた目暮警部たちは防犯カメラの映像を見ながら3人から話を聞く。唯子、染花、留海は代わる代わるスタジオで仮眠中の萩江を起こしに行ったが、萩江は起きなかったと証言。30分以上経ったため、最後は3人でスタジオへ起こしに行き、殺害された萩江を発見したという。最初に起こしに行った唯子はスタジオに忘れた裁縫道具を使い、染花の服のボタンを縫い付けたと証言。唯子は萩江が起きないため、休憩所に戻ったという。

 2人目の染花は切れたギターの絃を張り替えるためにスタジオに行ったと証言。その時、萩江はいつものようにドラムに突っ伏して寝ていたという。3人目の留海は曲に直したい箇所が見つかり、楽譜を書き直すためにスタジオに行ったと証言。その時、留海は萩江に声をかけたが返事はなかったという。3人の証言を聞いた後、目暮たちは犯人が絞殺したヒモ状の凶器を捜せと部下たちに指示を出す。だが、スタジオ内を隅から隅まで探しても凶器は発見できずに捜査は難航して…。