事件ファイル

事件ファイル
2016年4月2日(土)放送

 「ブラックインパクトⅢ(デジタルリマスター)」

 コナンは黒ずくめの組織の暗殺計画に関する暗号を解読する。組織は午後1時に次の衆議院選に出馬する土門康輝を杯戸公園で暗殺しようとしていた。土門は元防衛庁官僚の父を持ち、自衛隊の幹部だったという。コナンとジョディは杯戸公園へと急ぐ。すでに腕利きスナイパーのキャンティは公園近くのビル屋上、コルンはマンション屋上からライフルを構えていた。怜奈(キール)は公園で標的となる土門のインタビューを開始。怜奈は狙撃する場所として決めていたベンチへ土門を誘導しようとする。
 その時、近くにいた1人が土門に気付き、あっという間に土門は野次馬に取り囲まれる。コナンとジョディは公園にやってくると、すぐに土門を狙うキャンティとコルンがどこにいるかを確認。そして、コナンは公園内にあるスプリンクラーを見て、狙撃を阻止するアイデアを思いつく。コナンはサイレンサーを付けた拳銃でスプリンクラーを撃ってほしいとジョディに頼む。
 この後、怜奈はもう一度、土門をベンチへと誘導。その時、ジョディがスプリンクラーの先端を次々と撃ち、スプリンクラーから一斉に水が噴き出す。空に向かって放出された水は霧状に四散。皆は雨が降ってきたと勘違いして傘を差し始める。ボディガードも土門のために傘を開き、ジンは傘越しでは命中する確率が下がるため、狙撃の中止をキャンティとコルンに伝える。間もなく、本当の雨が降り出し、土門のインタビューは公園内の東屋でやる事に。コナンたちは何とか狙撃を阻止する事に成功する。
 コナンは混乱で怜奈の靴が脱げた一瞬の隙にガムに包んだ盗聴器、発信機を回収しようとする。だが、怜奈に気付かれて失敗。コナンは怜奈に尾けてきたと疑われるが、取り繕って何とか誤魔化す。この後、コナンとジョディはFBI捜査官チームのボス、ジェイムズと合流し、黒ずくめの組織の追跡を継続する。土門は議員になる前から未来の首相候補と呼ばれる人物。組織は自分たちに抗う若い芽を早い内に摘もうとしているのだ。土門は先日も泥参会の女幹部、毒島桐子が差し向けたヒットマンに命を狙われたばかり。ジョディは組織が土門を殺害し、毒島に罪を着せるつもりだと推測する。
 その頃、ジン、ウォッカ、キャンティ、コルン、ベルモット、怜奈は廃工場に集まり、新たな暗殺の計画を企てていた。コナンは耳を澄ましてジンたちの会話を盗聴する。午後4時に車に乗って、ある橋を通過する予定の土門。その橋が新たな暗殺ポイントだった。土門の車は防弾装備をしているため、遠距離から狙撃する事は不可能だった。毒島に変装したベルモットがバイクに乗り、土門の車の前で転倒。バイクに乗った怜奈が車から出てきた土門を射殺するという計画だった。ジンはその橋の事をベインBと呼ぶ。コナンはベインBがどの橋かを特定し、先回りして暗殺を阻止しようと考えるが…。