事件ファイル

事件ファイル
2015年11月21日(土)放送

第800話 「1億円を追いかけろ」

 目暮警部、小五郎、コナンたちは闇金会社社長、佐伯建造の豪邸に集まっていた。佐伯と妻、弘子の5歳になる娘の礼奈が誘拐されたのだ。犯人は警察に知らせたら娘の命はないと警告していた。礼奈はバレエのレッスンの帰り道、送り迎えをする家政婦の田中鈴子が一瞬目を離した隙に誘拐されたのだ。誘拐犯は午前10時に身代金1億円を米花中央公園に持ってこいと要求。犯人が運搬役として指名したのは鈴子だった。コナンは犯人が身内でもない鈴子を選んだ事が引っかかる。
 9時30分、鈴子は身代金を入れたバッグを車に載せて出発。この時、コナンはゴミを取るフリをして鈴子の上着の裾に発信機を付ける。応接室で待機する目暮はモニタに映る公園付近の地図を確認。地図上の3つの光点は公園方向に移動していた。目暮は小五郎のアドバイスに従い、身代金を入れたバッグ、車の下、鈴子の胸元のブローチという3つに発信機を付けているのだ。小五郎はバッグに付けた発信機を辿れば犯人のアジトを特定できると睨んでいた。
 10時、公園に到着した鈴子の携帯に誘拐犯から連絡がくる。誘拐犯はボイスチェンジャーを使って声を変えていた。誘拐犯は鈴子が本物かどうか確かめる質問をした後、公園内の砂場を掘れと指示を出す。鈴子が砂場を掘ると、ポリ袋に入った紙片が出てくる。紙片には自動車工場跡までの地図が書かれていた。工場跡に新たな車とバッグを用意しているらしく、誘拐犯はそこまで移動して新たな車を乗り換え、身代金も新たなバッグに移し替えろと指示。誘拐犯は車とバッグに発信機を付けている事を見越していたのだ。鈴子は誘拐犯の指示に従って行動し、残りの発信機は鈴子のブローチだけになる。
 コナンは犯人が1億円を手に入れた後、どうするかが疑問だった。警察は身代金のお札のナンバーを控えていて、使用すれば防犯カメラから特定される可能性が高いのだ。この後、鈴子は犯人が用意したバッグに身代金を移し、用意された車に乗り替える。鈴子が運転していると、誘拐犯から再び連絡が入る。誘拐犯は九院町にある松原宝石店に行って1億円でダイヤモンドに買えと指示。誘拐犯はすでに佐伯名義でダイヤモンド10粒を注文していて、身代金をダイヤモンドで受け取るつもりなのだ。
 10時45分、鈴子は1億円分のダイヤを購入し、店主の松原明に見送られて宝石店を出る。その直後、鈴子の携帯に誘拐犯から連絡。誘拐犯は桜通りに向かえと指示を出した後、ブローチに付けた発信機を取れと命じる。誘拐犯は双眼鏡で鈴子を見て、ブローチに発信機を付けていると疑っていた。礼奈を助けたい鈴子は言われた通りに発信機を破壊し、目暮たちは鈴子の行方がわからなくなる。コナンは自分が付けた発信機を頼りに鈴子を探しに行く。コナンはすでに誰が犯人なのか目星をつけていたが…。