事件ファイル

事件ファイル
2015年4月25日(土)放送

第775話 「あやつられた名探偵(前編)」

 小五郎は目暮警部に協力を要請され、強盗団を潜入捜査する事に。金庫破りの名人に変装した小五郎は指定された廃工場で姿を見せない強盗団ボスのMr.ヘッドと対話。ヘッドの声を金属的に加工され、年齢も性別も不詳だった。小五郎はMr.ムスタッシュ(口ヒゲという意味)と呼び名を付けられ、強盗団の仲間になる事に成功する。廃工場を出た小五郎は潜入が成功したと目暮に電話で報告。その時、小五郎は背後からヘッドにスタンガンで撃たれる。ヘッドは名探偵という小五郎の正体に気付いていた。
 この後、ヘッドは予定通り金庫破りの名人として部下たちと行動を共にしろと小五郎に命じる。部下の中にヘッドの息子を殺害した犯人がいるらしく、ヘッドはその犯人を特定しろと要求。タイムリミットは今度のヤマを決行後、日本を後にする明後日の夜明けまで。ヘッドはそれまでに特定できなければ、手配した殺し屋が蘭を殺害するという。小五郎はこの依頼を引き受けるしか選択肢はなかった。
 翌日、蘭は帰ってこない小五郎を心配。小五郎の様子がおかしかったらしく、コナンは小五郎が何か事件に巻き込まれていると考える。コナンは小五郎が残したメモから行った可能性が高いホテルのカフェテラスを特定。コナンはカフェのウェイターの証言から小五郎がホテルを出た後の行動を推理する。コナンは小五郎を乗せたタクシー運転手を見つけ、小五郎を降ろした裏通りまで案内してもらう。その裏通りで小五郎の携帯を発見した後、コナンは近くにある廃工場を調べ、地図と見取り図を見つける。
 夜、ムスタッシュ(小五郎)はMr.アイズ、Mr.ノウズ、Mr.マウス、Miss.リップと車で地下カジノが入っているビルに向かう。ムスタッシュたちは運転役のリップを残し、カジノに強盗に入る。そこには客を装った高木刑事、佐藤刑事も潜入していた。ムスタッシュ(小五郎)はアイズから金庫を開けるように命じられて動揺。さらにムスタッシュ(小五郎)は変装のヒゲも取れ、名探偵の毛利小五郎と正体がバレる。その直後、目暮や刑事たちが突入してくる。コナンも大混乱に紛れてカジノに紛れ込む。
 目暮は潜入捜査の役目が終わった事を小五郎に伝えるが、小五郎は警官たちを投げ飛ばして強盗団と共に逃走。小五郎は蘭の安全を確保するため、強盗団と行動を共にし、ヘッドの息子を殺害した犯人を特定しなければならなかった。廃工場でビルの見取り図を見ていたコナンは小五郎たちの逃走経路を推理して先回りする。そして、コナンは逃走車を見つけると、トランクを開けて中に身を潜める。間もなく、小五郎と強盗団はリップがハンドルを握る車に乗り込んで逃走。リップは高度な運転技術で追跡してくるパトカーを全て振り切ると車を急停車させる。ハンドルの切れがいつもより悪いと感じたリップはトランクに子供が潜んでいる事に気付いて…。