事件ファイル

事件ファイル
2014年1月11日(土)放送

第725話 「怪盗キッドと赤面の人魚(ブラッシュマーメイド)(後編)」

 キッドの犯行予告時間に亀と共に消えた宝石、赤面の人魚。機動隊員はシャンデリアに仕掛けられたウインチを発見し、中森警部はカーペットが捲り上がり、水槽を覆い隠したトリックを見破る。キッドの変装を暴くため、皆はお互いの身体検査をするが怪しい人物は見つからない。そんな中、園子はキッドが蘭に変装していると疑っていた。カーペットが捲れ上がる直前、蘭が離れた場所に移動したからだ。園子は事前に知っていた蘭が巻き込まれないように避難したと思っていた。
 だが、蘭は携帯の電波の状況が悪いと思って移動しただけと言い訳する。カーペットが捲れ上がる直前、蘭が時間を調べるために携帯を見たら画面が真っ黒になっていたという。蘭の話を聞いたコナンは赤面の人魚にくっついていた金のネックレスの留め金について次郎吉に確認。コナンの推理通り、留め金は鉄製だった。コナンはキッドが赤面の人魚を盗んだのではなく、皆の視界から消しただけと気付く。
 事件の真相に辿り着いたコナンはキッドがある人物に変装し、まだ現場に残っていると確信する。キッドは1つ大きな勘違いをしていた。次郎吉は特別展示室から皆を追い出そうとする。キッドに宝石を盗まれ、もう何もできないと判断したのだ。その時、コナンは事件の全貌を暴くため、小五郎に向けて麻酔銃を発射。だが、コナンはバランスを崩してしまい、麻酔銃は園子にあたってしまう。この後、コナンは園子として推理ショーを行い、キッドは徐々に追い込まれていくが…。