2011年07月30日放送

第626話 「絶叫手術室(後編)」

 目暮警部は安菜が自殺したと判断するが、コナンは安菜の頬の所に引っ掻いたような跡があると指摘。その跡はメイクではなく、血もにじんでいた。コナンは誰かに口を塞がれた安菜がその手を外そうとした爪の跡と推理する。高木刑事が安菜の左手の爪の間を確認すると、そこには皮膚と血が残っていた。この状況から考えを改める目暮。安菜は誰かに毒のカプセルを口に突っ込まれ、飲み込むまで口を塞がれたと推理する。
 その場合、蘭たちが手術室にやってきた時には、安菜はすでに死んでいた事になる。だが、蘭たちが手術室に入った後、安菜は足をバタバタと動かしていた。園子はベッドの中に潜んでいた犯人がベッドを揺らし、自分の足を動かしたと推理。そして、園子は気付かれないようにベッドから抜け出せるという理由から小柄な睦を犯人と疑う。その次に小柄な蜂谷にも疑いの眼差しを向ける園子。だが、蜂谷は足首を捻挫している事を明かし、足をバタつかせる事はできないと主張する。
 すると今度は辻栄を疑う園子。園子は辻栄がしきりに靴で片方の靴を擦る姿を見て、やましい事があるから挙動不審になっていると推理する。だが、辻栄は持病の水虫が痒いからと擦る理由を説明。その時、蜂谷は辻栄の靴が真っ赤になっている事に気付く。辻栄はどこかで血のりを踏んでしまったのだ。目暮は安菜が生きているように偽装できた3人を容疑者と考える。だが、容疑者3人はこの推理に異を唱える。
 辻栄はベッドの両脇に医者のマネキンがあり、ベッド脇から抜け出す事はできないと主張。蜂谷は手作りのベッドのため、大人2人が乗る事はできないと証言する。睦はゾンビ役の安菜が迫力を出すため、自分で頬に傷をつけたと考える。3人の発言を聞いた目暮は自殺の可能性もあると再び考えを変える。コナンはベッドの上にかける布の足元の部分の裏側に数本の赤いスジがある事に気付き、ベッドの下を調べる。ベッド下にある段ボール箱、シーツの切れ端に付いたガムテープを見たコナンは犯人のトリックを見破って…。

back
next