2010年10月16日放送

第591話 「水族館のある家」

 日曜日、コナンと少年探偵団は阿笠博士に連れられ、アクアリウムデザイナー、西田聡史(にしだ・さとし)の自宅を訪ねる。だが、阿笠が約束した正午に呼び鈴を押しても反応がない。その時、西田のアシスタント、井村幸輔(いむら・こうすけ)がやってくる。井村は旅行先のグアムから今朝帰国したという。井村は合鍵を使って玄関の鍵を開ける。家に入って歓声を上げる元太たち。リビングには水槽が埋め込まれた円柱が5本立っていた。
 沈没した海賊船が入った水槽、タージマハルが入った水槽、ピラミッドが入った水槽、シドニーのオペラハウスが入った水槽、水草と砂だけの水槽の5つで、歩美たちは熱帯魚を見て大喜びする。その時、元太は製作途中のミニチュア時計台の屋根を剥がしてしまい、井村が注射器型接着剤で修理。ミニチュア製作に使用する接着剤は固まりにくいという。
 井村はグアム土産のチョコを取り出し、バスルームに手を洗いに行った光彦と元太は浴槽を見て悲鳴を上げる。浴槽には西田の遺体が沈んでいた。駆け付けたコナンは遺体の首筋にある赤い斑点に気付く。この後、目暮警部らが捜査を開始する。死亡原因は溺死で、死亡推定時刻は金曜の夜。机の上には空の酒瓶が散乱しており、高木刑事は泥酔して入浴し、眠ってしまった事故死と推理する。
 するとコナンは死亡推定時刻が夜なのに浴室の電気が点いていないのはおかしいと指摘。遺体の指先には固まっていない接着剤が付着しており、コナンは酔った状態で細かい作業をする事が不可解な事も伝える。話を聞いた高木は事件の可能性もあると考え、井村のアリバイを確認。井村は木曜の昼にグアムに出発し、日曜の朝に帰ってきたと証言する。
 この後、接着剤が固まるまで12時間かかると知って驚くコナン。西田が金曜の夜に死亡した場合、指先の接着剤は固まっていないとおかしいのだ。その時、歩美は水草と砂が入っているだけの水槽で小さいエビが死んでいる事に気付く。それは他の水槽とは種類が違うエビだった。そして、同じ水槽の水中のコンタクトレンズに気付いたコナンは西田の死が事故ではなく、巧妙に仕組まれた殺人だと見破って…。

back
next