2010年09月25日放送

第589話 「最悪な誕生日(バースデー)(前編)」

 小五郎の財布から米花宝石店で5万円の買い物をしたレシートを発見した蘭。10月10日の妃英理の誕生日が近い事から蘭は小五郎が英理に誕生日プレゼントとしてネックレスを購入したと推理する。2人を引き合わせたい蘭は福引きで豪華ディナー付きホテル宿泊券を狙い、見事に引き当てる。すぐに蘭は英理に会い、静岡にあるホテルで小五郎と会って欲しいと頼む。偶然にも英理はそのホテルで翌日に依頼人と会う約束をしていた。
 10月10日、英理が宿泊するホテルの306号室でディナーの時間を待っていると、同じホテルに泊まる依頼人、国分秋穂(こくぶ・あきほ)が現れる。酔っ払った秋穂は夫の国分健彦(たけひこ)とケンカしたので泊めて欲しいと英理に頼む。秋穂はストーカー被害に遭っていて、明日は相手の男性の親と示談交渉の予定だった。秋穂はすぐに寝てしまい、英理は健彦に連絡を入れ、午後11時まで部屋を空けるので秋穂を迎えに来て欲しいと頼む。 
 この後、ディナーに向かうために部屋を出る英理。そこにストーカーの日野成治(ひの・せいじ)の母親、日野緑(みどり)があいさつにやってくる。緑はいくらでも慰謝料を支払うと英理に伝える。だが、緑は元はと言えばレースクイーンだった秋穂が息子をたぶらかした事が原因と不満を口にする。示談交渉の条件は成治を連れてこない事だったが、成治は廊下の物陰から会話する2人の様子をジッと見守っていた…。
 ホテルのレストランでディナーを楽しむ小五郎、英理、コナン、蘭。小五郎は英理に悪態をつき、慌てた蘭は何とか2人の間を取り持とうとする。だが小五郎は英理にネックレスを渡さず、酔っ払って寝てしまう。誕生日が終わるまで残り1時間。英理は怒って部屋に帰ってしまう。英理が部屋に戻ると、すでに秋穂の姿はなかった。この後、英理は冷蔵庫の炭酸飲料の缶を開ける。すると思い切り炭酸飲料が吹き出し、英理はシャワーを浴びるハメに。その頃、小五郎は英理に謝罪してと蘭に説得される。誕生日が終わるまで残り3分を切っていた。そして英理の部屋を訪れた小五郎、コナン、蘭。3人を部屋に迎え入れた英理はベッドの下の何かに気付いて青ざめる。そこには絶命した秋穂が倒れていた…。

back
next