2010年07月10日放送

第580話 「迫る黒の刻限(タイムリミット)」

 米花百貨店の前に路地に停まったジンの車。ジンは赤井に似た男が百貨店にいるという情報を入手し、出てくる所を待ち伏せしようと考えていた。ジンはキール(水無怜奈)が小細工して赤井を殺害しなかったと疑う。ジンに拳銃を突きつけられたキールは小細工なんてできないと身の潔白を主張する。その頃、地下の出口に張り付いているコルンから百貨店の中で何か起きているという連絡が入る。
 小五郎は毎週日曜の12時29分に同じシャツを購入する客の事を売場の女性店員に訊ねる。だが、女性店員は印象に残るはずのその客の事を覚えていないという。その頃、コナンは全てのシャツについた折り目に注目。コナンはその折り目に合わせてシャツの袖を折り、何かの暗号になっていると気付く。この後、コナンは売場の女性店員から販売の流れを聞く。店員は客から商品と代金を預かり、奥の部屋にいるレジ係の瀬田(せた)の所へ。そして瀬田からお釣りとレシート、袋に詰めた商品を受け取り、客に渡すという。
 話を聞いた後、コナンは瀬田がいる奥の部屋へ入っていく。コナンは小五郎に頼まれたとウソをつき、12月29日の雪山の遭難事故をパソコンで調べると瀬田に伝える。その事件が起きたのは10年以上前。ベテラン登山家が雪崩に遭って亡くなったのだ。「遺体未だ見つからず」という見出しの記事には亡くなった丸岡、丸岡の娘、救出された福西の写真が載っていた。コナンは瀬田に「丸岡さん」と声をかけ、お礼を言って部屋を出ていく。 
 送り主の狙いに気付いたコナン。だが、まだ爆弾犯の狙いがわからず、爆弾犯の出方を待ってみる事に。爆弾犯は過去に犯した犯行が絶対バレない自信を持っていた。その頃、同じフロアにいる沖矢昴も独自に推理を進め、雪山が事件に関係している事に気付く。沖矢は携帯でメールを打っている時、頬に火傷の痕がある赤井に似た男の姿に気付いて顔色を変える。客たちは痺れを切らし、早く事件を解決してくれと小五郎に詰め寄る。その時、小五郎の携帯にメールの着信。コナンはメールの内容を見て驚く小五郎に麻酔銃を放ち、眠りの小五郎の解決劇が始まる…。

back
next