2010年02月27日放送

第566話 「相棒はサンタさん」

 石川茂子(いしかわしげこ)はクリーニングの配達中、ヘルメットを被った何者かに背後から突き飛ばされ、偶然通りかかったコナンと小五郎はその光景を目撃する。茂子はこの4、5日、身の回りで不審な事が続いていると告白。小五郎は茂子が美人だったため、茂子の護衛を買って出る。コナンは事務所でサンタという茂子の子供のお守りをする事に。コナンはサンタをトイレに連れて行き、サンタはお礼として溶けた飴をコナンにプレゼントする。その時、小五郎が慌てて事務所に戻ってくる。何者かがお得意さんの家に先回りして茂子を拉致したという。
 この後、犯行に使われた盗難車が発見される。車内には茂子のバッグの中身である顧客の台帳や現金が散乱していた。高木刑事は現金に手を付けていない事から、金目当ての犯行ではないと判断。小五郎は茂子が抵抗した拍子にバッグの中身が散乱したと考え、犯人は茂子に想いを寄せていたと推理する。だが、コナンは犯人が好きな人を突き飛ばした事に違和感を抱く。コナンは犯人がバッグの中身を物色したと仮定し、茂子の自宅も調べる事に。コナンの思った通り、茂子の家は何者かに侵入された形跡があり、タンスなどが物色されていた。
 コナンは部屋の壊れた時計から、犯人は茂子を拉致する前に家を物色したと推理する。そして、コナンが部屋に落ちている鳥の羽を発見した時、上の階に住む大学生の森脇実(もりわきみのる)が現れる。森脇はガチャガチャと呼ばれるプラケースに入った人形をサンタにプレゼントする。コナンが鳥の羽を見せると、森脇は図鑑を調べてその羽がメジロの羽と判明。図鑑にはメジロに似たメグロという鳥も載っていた。森脇は以前サンタにプレゼントしたメジロの人形がなくなっている事に気付く。するとサンタは何人かの友達にプレゼントしたと告白。コナンはサンタの案内でその友達らの家を訪ねる事に。
 そして、飴をくれたという山中敏彦(やまなかとしひこ)の家にやってきたコナンら。コナンは窓から室内を覗き、今日の5時にお店というメモを発見する。この後、サンタがゴミ箱の上から転落してゴミ箱の中身が散乱。コナンはゴミの中からパパイアの破片と古くなったメジロの人形を見つける。隣人の加藤トミ(かとうとみ)によれば、山中は以前ペットショップを経営していたという。コナンらが山中のペットショップを訪ねると…。

back
next