2010年01月16日放送

第562話 「虹色(レインボウカラー)の誘拐」

 信用調査を依頼された小五郎はコナン、蘭と共にバッグや装飾品の店、ニジムラを訪れる。その時、依頼者の社長、仁地村正平(にじむらしょうへい)が誘拐される事件が発生。人質事件を専門に扱うSIT(警視庁捜査一課特殊犯捜査係)の葛城健三(かつらぎけんぞう)警部が現場に駆け付ける。妻で副社長の仁地村沙希(さき)は郵便受けに入れられた犯人の手紙を葛城に差し出す。犯人は身代金として1億円を要求。1億円を入れたニジムラのバッグを沙希に持たせ、指定した電車に乗り、指定した駅で下車しろと書かれていた。
 沙希はニジムラの悪質なコピー商品が出回り、訴訟の準備を始めた事を告白。沙希は逆恨みしたコピー業者の犯行と考えていた。早速、沙希はレインボーカラーのバッグに入れた1億円を用意。小五郎がバッグを持とうとすると、沙希はバッグを引き寄せ、自分が持つと断る。この時、コナンはバッグが壁にぶつかり、鈍い音を立てた事に違和感を抱く。この後、沙希は指定された電車に乗り、葛城、小五郎、コナン、蘭も同じ電車に乗り込む。
 電車は指定された駅に到着。沙希は下車した際、乗降客に紛れた犯人から紙片を受け取る。沙希は乗り換えろという犯人の指示に従って別の電車に乗り込み、小五郎らも後に続く。コナンは隙を見て紙片を確認。紙片には鉄橋の中央で身代金のバッグを落とせと書かれていた。そして電車が鉄橋を渡り始めた直後、沙希はバッグを外に落とす。バッグが川の上流に沈んでいくと同時にダムの放流が始まり、コナンらは下車して下流に向かう。
 下流で発見される空のバッグとシュノーケル、ゴーグル。すでに身代金は犯人に回収されていた。翌日、殺害された正平が発見される。解剖の結果、正平は誘拐直後に殺害されていた事が判明。コナンは現場写真を見て、車中の遺体と助手席背もたれ上部の擦れた跡に注目する。TVでは沙希の社長就任会見が放送される。沙希はコピー商品の取り締まり強化を宣言。気丈に振る舞う沙希を見た小五郎は犯人逮捕の決意を新たにする。小五郎はコナン、蘭と共に身代金受け渡しの一連の流れを再検証する事に。鉄橋の前の河川敷にやってきたコナンはこれまでの事を回想、鉄橋の上にかかった虹を見て事件の真相に気付く…。

back
next