2009年11月07日放送

第554話 「こうのとりミステリーツアー(蘭捜索編)」

 足を捻挫したコナンは療養のため、小五郎、蘭、少年探偵団、哀と共に兵庫県の城崎温泉にやってくる。温泉を取材していたフリーライターの湯元幸一(ゆもとこういち)は小五郎に気付いて密着取材を申し込む。蘭は温泉に向かう途中で歩美、哀とはぐれ、その直後に歩美のBDバッジを拾う。この後、蘭は歩美、哀の後を追い、路地から飛び出してきた少女とぶつかってしまう。
 蘭は少女を家まで送っていくとコナンに連絡するが、そのまま行方不明になってしまう。すると元太が蘭を見たと明かし、カメラのデータをコナンらに見せる。写真には少女と一緒に歩く蘭の姿、さらに蘭らを尾行するマスクとサングラスをした謎の人物が写っていた。小五郎は蘭が行方不明になったため、取材を中止すると湯元に伝える。そこに偶然、服部平次と和葉が現れる。
 平次によれば、少女の名前は田布施陽菜(たぶせはるな)。平次は陽菜の父親である大手外食チェーンの社長、田布施周平(しゅうへい)から依頼を受けていた。この後、コナンらは周平と会う事に。周平は田布施美術館館長の蒲池猛(かまちたけし)と一緒に現れ、コナンは蒲池のスーツの裾の小さい黒い染みに気付く。昨日、田布施美術館から彫刻家、半田夏穂(はんだかほ)の「虹の子」という作品が陽菜と共に消えてしまい、平次はその事件を捜査していた。
 その頃、歩美、和葉らも独自に蘭の捜索を開始。歩美らは写真に写る陽菜のリュックを扱うカバン店を訪ね、陽菜を知るイルカ訓練士の入鹿結衣(いるがゆい)と出会う。歩美らは結衣の同僚の情報を頼りに蘭と陽菜らしい2人がいた城崎マリンワールドに向かう。平次は足を痛めているコナンの代わりに捜索を続け、蘭らが城崎温泉元湯や鬼子母善神などの定番の観光コースを巡っていた事が判明。目撃者によれば、陽菜は名所の周辺で何かを探していたという。この後、「虹の子」の作者、夏穂が周平の元妻と発覚。それを聞いたコナンは…。

back
next