2009年07月11日放送

第540話 「毛利小五郎探偵廃業の日(前編)」

古美術商の衣笠栄(きぬがささかえ)が殺害された事件の犯人として警察に疑われる消費者金融オーナーの蒲生良造(がもうりょうぞう)。事件の日、蒲生は曙町を歩いていたが自宅にいたと警察にウソをついたという。蒲生は曙町でのアリバイ証人探しを小五郎に依頼する。だが捜査は難航し、小五郎は蒲生から催促の電話を毎晩もらう。そして捜査開始から6日目の午後8時、小五郎は蒲生からの電話に進展がないと報告。蒲生は「絶望だ」と落胆して電話を切る。
翌朝、郊外で蒲生の首吊り死体が発見される。死亡推定時刻は昨夜午後7~9時の間。小五郎は目暮警部に呼び出され、コナン、蘭と一緒に現場へ。遺体の足元に小五郎の連絡先を書いたメモ用紙があったのだ。この後、蒲生の弟の新井京介(あらいきょうすけ)が遺体を確認。蒲生が自殺したのは小五郎に連絡後、自宅から車で約1時間の現場に来た午後9時と考えられる。
5年前、蒲生は衣笠が闇討ちされた事件で目撃証言から逮捕されるが数日後にアリバイが確認される。その時、誤認逮捕の責任を取って辞職したのは小五郎と警察学校で同期の竹岡勲(たけおかいさお)だった。この後、衣笠を殺害した犯人が逮捕されたという一報が入る。新井は証人が見つからない事に絶望して自殺した蒲生の死を悔やむが、小五郎は何者かに殺害されたと推理する。
後日、小五郎は競馬場で竹岡と偶然再会。竹岡は蒲生を誤認逮捕した事もあり、小五郎に蒲生を殺害した犯人捜しの協力を買って出る。小五郎と竹岡は新井の自宅を訪ね、蒲生の死亡推定時刻のアリバイを確認。新井は自宅で週刊誌の連載小説の挿絵を描いていたと答えるが証人はいないという。小五郎は蒲生の遺産が転がり込む新井に借金がある事を掴んでいた。翌日、小五郎らは新井がマスコミを操り、蒲生の自殺を小五郎の責任にした記事を書かせた事を突き止める。小五郎と竹岡はこの事実を問い詰めるため、新井の自宅を訪ねるが…。

back
next