2009年05月30日放送

第536話 「消えた名画の秘密」

元太は荒れ放題の洋館に変なおじさんが住み始めたとコナン、光彦、歩美に報告。少年探偵団として洋館へ偵察に行く事に。コナンらが洋館に行くと、建物は補修され、前庭にはつぼみだが一面に植物が植えられていた。この後、コナンらは住人の和田六郎(わだろくろう)と不動産屋の獅子倉安夫(ししくらやすお)が言い争いながら屋敷から出てくる場面に遭遇する。
翌日、元太は和田が亡くなった事をコナンらに伝える。和田は元々心臓が悪かったという。コナンらは和田が屋敷に越してきた理由が気になり、再び屋敷を訪ねる。近所の人によれば、和田が越してきたのは3ヶ月前。外出もせずに屋敷の修理や庭の手入れをしていたという。コナンらが情報を整理していると、屋敷に八神圭一(やがみけいいち)と林薫(はやしかおる)が現れる。
和田は日本を代表する有名な画家で、新作を描くためにアトリエとして屋敷を借りたという。画廊主の八神と秘書の薫は新作を探し始める。だが新作は見つからず、絵を描く道具すら見当たらない。この後、獅子倉が作業員と共に現れる。獅子倉は和田に頼まれ、取り壊す予定の屋敷を3ヶ月貸したと説明。昨日、約束の期限を迎えたが、和田は2、3日待って欲しいと言い出したという。
八神が取り壊し作業を待ってもらい、再び新作を探し始めると、そこに和田の祖母、高遠小恵子(たかとおさえこ)と介護士の江口美奈(えぐちみな)がやってくる。江口は和田から手紙をもらい、その手紙には小恵子を連れて新作を見に来て欲しいと書かれていた事を明かす。
小恵子は1年前に頭を打って記憶喪失に。和田は小さい頃に可愛がってくれた小恵子のために作品を制作中と話していたという。八神らはもう一度新作を探すが、結局見つからず、和田がなぜ屋敷を借りたのか、謎は深まるばかり。そして小恵子らが諦めて帰ろうとした時、コナンは居間に飾られた小さい頃の和田が写る写真の裏に書かれたメモを見つけ、和田の新作が何かに気付く…。

back
next