事件ファイル

事件ファイル
2005年5月30日(月)放送

第400話 「疑惑を持った蘭」

最近、蘭はコナンの正体は新一だと疑っている。夕食後、蘭が声をかけただけでコナンは動揺。コナンは自分への疑惑に気付いている…と蘭は確信する。この後、蘭は事務所に行ってコナンの携帯電話を取り出す。コナンが落とした携帯を拾っていたのだ。蘭は新一に送ったメールがコナンの携帯に届いていれば、動かぬ証拠になると考え、携帯の電源を入れようとする。

その時、蘭は勝手に携帯を見る事に罪の意識を感じる。が、真実を知りたいという願望に負け、蘭が電源を入れると画面にダイヤルロックの表示。蘭はロックを解除しようと4桁の暗証番号を思案する。蘭は新一や自分の誕生日を入力するが失敗。1万通りある暗証番号を順番に入力する方法も途中で諦める。

この後、外で車のクラクションが鳴り、蘭は車を確認。「46-49」(ヨロシク)という車のナンバーを見て蘭は半年前の事を思い出す…。半年前、蘭は新一と映画を観に行く。帰りのバスで新一は車を見てブツブツと独り言を言う。新一は車のナンバーからゴロ合わせを考え、暗号を解く練習をしていたのだ。

2人が話をしていると黒い車がバスを追い抜く。黒い車のナンバー「し15-64」を見た新一は次のバス停で外へ飛び出し、蘭も訳がわからないまま後を追う。新一は黒い車を追おうとするが既に見失った後。その時、路地から警官が偶然現れる。新一は偽造プレートをつけた黒い車の事を警官に報告。新一は偽造プレートから犯罪を計画していると推理するが…。