2009年01月19日放送

第521話 「名探偵コナンスペシャル「殺人犯、工藤新一」」

 平次に屋田誠人(おくだまこと)という人物から手紙が届く。1年前に工藤新一が解いた殺人事件の推理ミスについて会って話したいという。事件の真相を暴くと意気込む平次は小五郎の車に乗り、コナン、蘭、和葉と共に事件が起きた東奥穂村へ向かう。その車内、風邪を引いて咳き込むコナンを皆は心配するが、コナンは阿笠博士にもらった風邪薬を飲んだので心配ないと伝える。

 平次らは村の役場を訪ね、誠人が半年前から行方不明だと知る。平次は事情を説明するため、新一の名前を出すと、職員たちは嫌悪感を露わにし、子供(日原大樹)は新一を嘘つき呼ばわりする。役場を出た蘭はコナンがいない事に気付く。小五郎はコナンが先に旅館に戻った事を蘭たちに伝える。

 その頃、コナンは1人で森の中へ。誠人からの手紙に同封された新一宛の手紙に山小屋で2人きりで会おうと書かれていたのだ。新一が山小屋に入ると、何者かが扉と窓を外から塞いでしまう。その時、コナンは突然の発作に見舞われる。実は、阿笠が風邪薬と勘違いして渡したのは哀が作ったAPTX4869の解毒剤の試作品だった。この後、コナンは唯一塞がれていない高窓から脱出するが、手を滑らせて近くの湖へ落下してしまう。

 蘭らは行方がわからないコナンを捜して森へ入り、湖から救出された工藤新一と再会を果たす。だが、新一は記憶喪失で蘭の事さえ誰かわからなかった。平次は事情を察し、コナンは阿笠の家に行ったと誤魔化し、阿笠に連絡を入れる。哀は試作品の効力が24時間しか持続しない事を平次に報告する。それまでに記憶が戻らなければコナンと新一が同一人物とバレる可能性は高い。2人同時に記憶喪失になる事はまずあり得ないからだ。

 この後、一行は城山数馬(しろやまかずま)巡査に案内され、事件現場の村長宅を訪ねる。 村長宅は息子の日原大樹(ひのはらたいき)の意が酌まれ、事件当時のまま。大樹は役場で新一を嘘つき呼ばわりした子供だった。1年前、村長の日原滝徳(ひのはらたきのり)の妻、鐘子(しょうこ)が自宅で刺殺される。滝徳もベランダから転落死させられたという。
 
 平次は新一の推理した内容を城山に確認。すると誠人の同級生、氷川萌生(ひかわもえぎ)が現れ、無理心中と推理した事を明かす。新一に怒りを露わにする萌生は、誠人の安否を心配していた。養子の誠人は村長の遺産を相続。萌生は何者かが誠人を殺害し、相続したお金を横取りしたと考えていた。そして今度は事件の事を調べる東都新聞記者の河内深里(かわうちみさと)が姿を現す。

 深里によれば、新一はガン告知された滝徳が自暴自棄になって犯行に及んだと推理したという。だが後日、病院の看護師が「ガンは良性の腫瘍。滝徳は手術すれば完治すると聞いて喜んでいた」と告白。滝徳は人望が厚かったため、村人たちは滝徳の顔に泥を塗った新一を毛嫌いしているのだ。この後、萌生は森に棲む死羅神(しらがみ)が犯人だと村の人が噂している事を明かす。

 死羅神はこの土地に伝わる民話に出てくる守り神。9年前、闇夜の森に入った娘が命を落としてしまう。村人たちは死羅神に戒めを受けたと噂し、娘を捜しに森へ入った父親は行方不明になったままだという。その娘とは誠人の妹、多麻子(たまこ)。萌生は実際に森で白髪の化け物を目撃した事があるという。

 話を聞いた平次は滝徳と鐘子が死羅神に殺害される理由がないと訴える。すると深里は滝徳が森に観光施設を建てようと計画していたと告白。さらに深里は滝徳が若い頃、五輪陸上の日本代表候補に挙がった程の選手だったと明かし、2階にある部屋を見る事に。そこには数々のメダルが置いてあったが、平次はどのメダルにもヒモがついていない事を不思議に思う。

 蘭は棚の上の仁王像に気付く。阿像と吽像で一対だが阿像は見当たらない。城山によれば、事件の時に宝石類と共に阿像が消えたという。有名な彫り師の作品で1体500万円らしく、平次は1体だけ消えた事に疑問を抱く。この後、和葉は誠人の部屋に飾られた新一の写真パネルを発見。誠人は高校生探偵の新一を崇拝していたが見当違いの推理に落胆していたという。話を聞いた新一は何か思い出せそうなので1人になりたいと頼み、平次らは部屋の外へ。結局、何も思い出せなかった新一に対し、深里は隠し通そうとしている真実を告白したくなったら会いに来てと発言。深里は何か事件の情報を掴んでいるのだ。

 翌朝、新一は部屋から姿を消していた。小五郎は新一が滝徳の家に入っていったと村人から聞いたという。話を聞いた平次は新一の記憶が戻ったと喜び、滝徳の家へ向かう。平次はそこで新一を見つけるが、駆け寄って愕然となる。新一の手のひらにはベッタリと血が付き、胸の辺りが血まみれになっていたのだ。そして、新一の視線の先には血溜まりに倒れた深里の姿があった…。

back
next