事件ファイル

事件ファイル
2019年5月11日(土)放送

第940話 「姿を消した恋人」

 成瀬純は恋人の水沼果帆が数日前に突然姿を消してしまったと小五郎に捜索を依頼する。小五郎、コナン、蘭は果帆のアパートを訪ね、アパートの大家から話を聞く。果帆が引っ越してきたのは3ヵ月前。靴棚には果帆のスニーカーが並んでいた。部屋のカーテンは閉められていて、コナンは窓の桟の一部に溜まった埃に目を留める。そして、コナンは部屋に飾られた果帆の写真数枚を見て、何か違和感を抱く。

 この後、警察から連絡があり、コナンたちは果帆の手掛かりが発見された現場に向かう。現場の橋の上では目暮警部たちが捜査をしていた。橋の上には果帆のスニーカー、写真入りマイナンバーカードが置かれ、小五郎は自殺したと推理する。小五郎は濁流の川を見て、遺体を見つけるのは難しいと考える。新聞配達の大学生、潮哲也は午前5時15分頃、橋から飛び降りる長い髪の女性を見たと証言。潮はその時の様子をスマホで撮影していた。動画を見たコナンは女性の胸元で何かが光っている事に気付く。

 果帆がこの現場までタクシーに乗ってきた事が判明。タクシー運転手の大原マキは深夜2時半に乗せ、3時頃にこの現場に降ろしたと証言する。防犯カメラにもタクシーに乗る果帆の姿は映っていた。高木刑事は果帆の自宅の住所を見て、3ヵ月前の事故現場に近い事に気付く。3ヵ月前、公園の階段の下で転落死した女子大生の遺体が発見されたのだ。腕にタトゥーの入った男と一緒にいたという目撃情報もあったが、警察は酒に酔って転落した事故と処理していた。

 コナンは皆を送ってほしいとマキに頼み、蘭、潮、成瀬と共にマキのタクシーに乗り込む。移動中、コナンは手掛かりを探すため、果帆が飛び降りた動画を何度も確認する。この後、コナンはバックミラーに掲げられているお守りのような若い女性の写真に気付く。マキは病気で他界した1人娘だと打ち明ける。途中、コナンたちがコンビニに立ち寄ると、棚には「目撃情報求む!」というビラが平積みされていた。それは転落死した女子大生と一緒にいた、腕にタトゥーがある茶色い長髪の痩せた男のイラストだった。コンビニの店長は遺族に頼まれてビラを置いているとコナンに教える。

 マキはコンビニでコンタクトレンズの洗浄液と2人分の弁当を購入。金髪の潮は新しいバイトの面接に備え、黒髪染めを買う。それを見たコナンはハッとなり、忘れ物をしたと理由をつけ現場に引き返してもらう。コナンは橋の欄干付近を調べている時、小五郎、高木の不注意から川に落下。この時、コナンは橋の方を見上げ、果帆の胸元で何が光ったかを見破る。マキは川へ飛び込んでコナンを救助。マキは国体に出場したほど水泳が得意だった。マキは濡れた免許証を干し、コナンはその免許証を見て何かに気付く。この後、コナンは潮と成瀬を見て、謎に包まれた事件のカラクリを見破って…。