事件ファイル

事件ファイル
2019年2月16日(土)放送

第931話 「北九州ミステリーツアー(小倉編)」

 日本探偵連盟のベスト探偵アワードに選ばれた小五郎は授賞式に出席するため、コナン、蘭と福岡の小倉にやってくる。小五郎はコナンと共に警視庁時代の先輩、深町虎三が経営する小倉の会社を訪ね、蘭は1人で観光地を回る事に。専務の桐山栄作は深町が1週間前に転倒事故を起こしたと小五郎に明かす。頭を打った深町は入院中で、今も意識不明だった。膝を痛めてリハビリのために散歩していた深町は駐車場の車止めブロックにつまづいて転倒。倒れた深町を発見したのは社長秘書の泉海乃梨子だった。

 桐山は会社に落書きした犯人を捕まえてほしいと小五郎に依頼する。壁には赤いスプレーで「虎」と書かれていて、第一発見者の運転手、宇梶誠は3日前に出勤した時に気付いたと証言。会社の駐車場や倉庫、桐山の自宅ドアにも同じ落書きがされていた。深町の社長復帰が難しい場合、今日の株主総会で桐山の社長就任が決まるため、桐山は深町の息子の虎彦が阻止するために脅迫していると考えていた。

 小五郎は泉海に案内され、逃げる犯人を目撃した警備員の岩田源一郎に会いに行く。コナンは別れ際に小五郎に発信シールを貼り、深町が倒れた駐車場を調べる。その時、コナンのメガネからフェリーで移動中の小五郎と泉海の会話が聞こえてくる。泉海は深町と桐山が会社の経営方針を巡り、よく言い争っていた事を告白。泉海は桐山が深町を突き飛ばしたと疑っていた。この後、小五郎は倉庫にいた岩田と会って落書き犯の事を聞く。岩田は後ろ姿だったが、金髪だったので虎彦に間違いないと証言する。

 岩田と別れた後、泉海は深町が搬送される救急車の中で「トラ…」とだけ言ったと小五郎に報告する。小五郎と泉海は虎彦が立ち寄りそうな場所に行ってみる事に。この後、コナンは岩田が社長車を洗車している事に気付く。岩田は後部ドアを開けて上半身を突っ込んでいた。コナンが声をかけると、岩田は自分が掃除する担当だと説明する。後部座席には小倉城のマスコットキャラクター“とらっちゃ”が置かれていた。この後、岩田の携帯に着信があり、岩田は社長室にいる誰かに呼び出されて去っていく。

 コナンは蘭に連絡し、ランチを一緒に食べられないと伝える。門司港レトロにいる蘭は1人でランチを食べる事に。電話を切った後、蘭は若い男に声をかけられる。悪いヤツに追われているので、少しだけ恋人のフリをしてほしいという。男は蘭を抱き寄せるフリをして顔を隠し、愚連隊風の志垣修平、中丸銀次は男に気付かずに去っていく。この後、社長室から宇梶が出てくる。コナンは社長室に入り、ゴミ箱に入った丸めた封筒に目を留める。その頃、蘭は助けた男と一緒にレストランに入っていた。蘭は男と話をして、深町の息子の虎彦だと気付く。小五郎と泉海は虎彦を捜すため、門司港レトロの展望室にやってくる。小五郎は素行が悪い虎彦と一緒にいるのが蘭だと気付いて動揺するが…。