事件ファイル

事件ファイル
2018年11月24日(土)放送

第922話 「消えた少年探偵団」

 コナン、光彦、元太、歩美、灰原はコンテナ埠頭で行われている仮面ヤイバーの撮影を見学する。コナンと灰原は見学者の中にいる辰巳雅也に目を留める。コナンは不審な動きをする辰巳を怪しいと直感。辰巳はヤイバーと違う方を見ていた。しばらく後…。灰原、元太、光彦、歩美は暗闇の中で目を覚ます。縄で縛られた灰原たちは少し離れた場所で辰巳も縛られている事に気付く。

 30分前、コンテナ埠頭を離れたコナンたちは老人の仲間敏江とすれ違う。この時、突風が吹いて敏江の財布から1万円札が舞い上がる。コナンたちは公園に飛んで行った1万円札を追いかけるが、光彦、歩美、元太は別々の場所で1万円札を発見。この3枚は敏江の1万円札とは別のもので、紙幣番号が同じニセ札だった。最近、都内で発見されたニセ札の事はニュースにもなっていた。

 ニセ1万円札はオレンジジュースで濡れていて、コナンは自販機の下を調べ、ニセ1万円札とスマホを発見する。ニセ札犯はジュースを買った時、突風に吹かれてニセ札を飛ばしてしまったのだ。慌てて拾い集めた時にスマホを落とした可能性が高かった。コナンは離れた場所で目暮警部に通報する。そして、灰原たちが公園で張り込みをしていると、ベラ・曳舟が現れる。ベラは1万円札とスマホを回収して立ち去っていく。歩美、元太、光彦、灰原はベラを尾行するが、ベラに気付かれて捕まってしまう。

 灰原たちは捕まった後、麻酔のようなものを嗅がされて意識を失っていたのだ。灰原、元太、光彦、歩美は協力して縄を解き、身動きが取れるようになる。辰巳は自分も縄を解いてほしいと助けを求めるが、灰原たちは怪しい辰巳を警戒して応じない。コナンは姿を消した灰原たちを探しに行く。

 元太は辰巳からオレンジジュースの匂いがする事に気付く。ニセ札を飛ばしてしまったのは辰巳だったのだ。この後、DBバッチが繋がり、灰原はどこにいるかわからないが動いているとコナンに伝える。コナンは灰原たちがコンテナトレーラーの中に閉じ込められていると推理。コンテナの中にある段ボールには大量のニセ札が入っていた。そして、コナンは走っている2台のコンテナトレーラーを発見。その内の1台のコンテナを調べるが、灰原たちが乗っているのはもう1台の方だった。

 コナンはスケボーに乗って、もう1台のトレーラーを追う。トレーラーは月汐桟橋方面に向かっていた。灰原は何が起きたのかと辰巳を追及。辰巳は借金返済のためにニセ札を使おうとしたと告白する。ベラはニセ札を扱うマフィアで、辰巳はベラの手下だった。辰巳はニセ札を盗んだ事をベラに気付かれて監禁されたのだ。この後、トレーラーは月汐桟橋に到着。ベラは灰原たちがいるコンテナを海底へと沈める。ベラは灰原たちの命を奪おうとしていた。コンテナの扉の隙間からは海水が侵入してきて…。