事件ファイル

事件ファイル
2018年11月10日(土)放送

第920話 「JKトリオ秘密のカフェ(後編)」

 コナンと小五郎が妙にウキウキしている蘭の跡をつけると、蘭はカフェで園子と世良と合流。蘭たちは女子だけで京都旅行を計画していた。コナンは蘭が京都で沖田総司と会いたがっていると知って動揺する。この後、カフェの更衣室でウエイターの更家が大きな花瓶で撲殺される事件が発生。食べ歩きブロガーの更家に店を酷評された客で店長の弟の本巣、更家に言い寄られて迷惑していたウエイトレスの伊鈴、更家と付き合っていた店長の珠央。3人には更家を殺害する動機があったが、凶器の重い花瓶を振り回せる怪力はいなかった。

 高木刑事は犯人の狙いは更家のロッカーだったと推理する。目暮警部たちは更衣室にあった工具箱の中身を確認するが、ペンチや金づち、ドライバー、スパナでは壊せないと判断する。工具箱にはネジや釘も入っていて、高木はネジを1つ落としてしまう。ネジはタンスの下に転がり、高木がネジを取ろうとすると、その奥には別の何かが落ちていた。伊鈴は更家がロッカーに大事にしまっていた物はタブレット端末だと目暮に教える。更家はそのタブレットを使ってブログの文章を書いていたのだ。

 本巣は更家のブログに悪い事を書かれて店は火の車だと告白する。本巣の店から暖簾分けした伊鈴の実家の店は何とかやっているという。小五郎は伊鈴の実家の店もブログのせいで傾いていて、それを恨みで殺害したと疑う。その店の看板娘だった伊鈴はそれなら直接文句を言っていると犯行を否定する。この後、珠央が更家と交際していた話になり、小五郎は珠央が交際中の恥ずかしい写真をネタに更家から強請られていたと推理。珠央は店長になる更家は金に困っていなかったと犯行を否定する。

 小五郎は最終的にブログで酷評された本巣の犯行と推理する。本巣が手首を脱臼していると言ってギプスした手を突き出すと、小五郎は脱臼したようにギプスして誤魔化していると疑う。世良はこのやりとりを聞いて犯人のトリックを見破る。だが、そのトリックを使えば、この3人なら誰でも犯行が可能だった。園子はコナンの様子がいつもと違う事に気付く。世良がわからないのかと訊くと、コナンは全然わからないと答える。世良がトリックは解いたが犯人がまだわからないと伝えると、コナンは犯人は更衣室に入った時にわかったと明かす。コナンは大体のトリックも見破っていた。

 世良が何がわからないのか訊ねると、コナンは蘭たちの旅行だと答える。コナンは大きくなったら経験する普通じゃない旅行が何なのかをずっと考えていたのだ。目暮は外部の犯行もあると考え始める。水が入った40キロ以上ある花瓶を振り回し、南京錠を破壊する程の怪力は3人の中にいないのだ。世良はそれはフェイクだと言って犯人のトリックを解き明かし、その後にコナンは誰が犯人かを暴いて…。