事件ファイル

事件ファイル
2018年9月29日(土)放送

第915話 「JK探偵鈴木園子」

 コナン、蘭は星を観測したいという園子に付き合い、児童公園にやってくる。園子は滑り台の上からカシオペアを観測するが、飽き始めて双眼鏡を町に向ける。園子は双眼鏡をズームインし、正体不明の黒い手が花壇の陰から白い腕を持ち上げて指輪を抜き取る様子を目撃する。白い腕は無機物のような動きで、園子は悲鳴を上げ、死んでいる人の腕を見たとコナンたちに教える。コナンたちは園子が見たのは死体かを確認しに行く事に。園子が見たのは3階建てビルの佐々木スタジオの前にある花壇だった。

 コナンたちは佐々木スタジオ1階の仕事部屋で所長の佐々木博人、アシスタントの水上利香に事情を説明。博人は園子が見たのはマネキンの腕と考えるが、園子は見間違うはずがないと反論する。コナンが滑り台から低い位置にある花壇を見るのは無理だと指摘すると、博人は隣り合わせの吉村ビルの屋上に同じ花壇がある事を教える。吉村と友人という博人はコナンたちを吉村ビルへ案内し、利香は急ぎの仕事に戻る。吉村は出張中で、奥さんのななえがいるはずだが、博人が呼び鈴を押しても応答がない。

 その時、博人の携帯に吉村から連絡がある。コナンはふと足下を見て、細長い影に気付く。吉村はななえと連絡が取れずに心配していた。吉村ビルの前の道路は水道管が破裂したため、工事をしていて、ななえは車が出せないと電話で愚痴っていたという。コナンは電話があった時間を訊ね、博人は利香が買い物に出た後の6時半だったと答える。この後、博人たちは合鍵を使って吉村ビルの中に入り、コナンは3階でななえの携帯を発見する。さらにコナンたちは花壇がある屋上を調べる。

 だが、花壇は人を埋める程の深さがなく、園子は遺体はまだこのビルのどこかに隠されていると推理する。ななえの車には男性モノの寝袋しかなく、園子は犯人が女性モノの寝袋に遺体を隠したと考える。博人はななえが殺害されたと決めつける園子に怒ってビルから追い出す。この後、コナンたちは喫茶店に入り、園子は蘭を相手に推理を展開。コナンは吉村ビルに入る前に見た影の事が気になっていた。園子は1階にいた博人、3階にいた利香、それぞれに犯行は可能だったかを考える。コナンは2人の会話から先ほどの影が何だったのかに気付く。

 蘭は遺体はないと園子に言い聞かせ、3人は喫茶店を出る事に。コナン、蘭と別れた後、園子は宝石店の前を通り、黒い手が白い手から指輪を抜き取った事を思い出す。人形が指輪をしている事はなく、園子はやはり目撃したのは人間の手だったと確信する。そして、園子は立て看板を片付けようとする店員を見て、犯人がどこに遺体を隠したのかにも気付く。その頃、コナンは影の正体を糸口にして犯人を見破るが…。園子は誰が犯人かわからないまま1人で吉村ビルに戻り、犯人と2人きりになって…。