事件ファイル

事件ファイル
2018年9月22日(土)放送

第914話 「連れ去られたコナン(後編)」

 覆面姿の2人組が米花町の宝石店から3億円相当の宝石を奪う事件が発生。目暮警部たちは倉庫にいた強盗犯の1人、鷹取を追い詰めるが、鷹取は拳銃を発砲した後、コナンを人質にとって車で逃走。この後、姿を消した宝石店の仕入れ担当の山鹿も事件に関与していた事が発覚する。鷹取は廃工場にコナンを連れて行き、煙突底にある宝石を拾いに行かせる。煙突底では宝石と共に共犯の内海が絶命していた。宝石は3億円分より少なく、鷹取はアイツと呼ぶ裏切者への怒りを露わにする。この後、鷹取はコナンを車に乗せて走り出し、「運が良ければ助かるかもな」と言って、コナンを外へと蹴り落とす。

 顔や腕の打撲、擦り傷の痛みに顔をしかめるコナン。落とされたのは道路の中央分離帯の植え込みだった。小五郎、目暮、高木刑事、千葉刑事は病院で手当てを受けたコナンから事情を聴く。コナンは黒幕にそそのかされて鷹取を裏切った共犯の内海が廃工場の煙突から落ちて絶命していた事を皆に伝える。この後、コナンは病院を抜け出し、黒幕に報復しようとしている鷹取の行方を追う。だが、手掛かりは鷹取の車にあった杯戸町スナック新月のマッチしかなく、コナンはこのスナックを訪ねてみる事に。

 コナンは雑居ビルの3階にあるスナック新月にやってくるが、開店前のために閉まっていた。この時、コナンは店の隣りの住居の表札が内海だと気付く。コナンは半開きになっているドアから部屋の中に入る。室内は雑然と物が散乱し、床には食べかけのカップ麺がひっくり返っていた。コナンはこぼれたカップ麺のスープを何者かが踏んだ跡を見つける。コナンは奥へと進み、背中にナイフを突き立てられた男性の遺体を発見。コナンは持っていた名刺から遺体は宝石店の山鹿だと気付く。コナンは部屋を見回し、山鹿、鷹取、内海ともう1人が乾杯してる写真を見つける。もう1人の顔はストロボが反射してわからなかったが、コナンはこの人物が黒幕だと確信。コナンはゴミ箱から旅行パンフレットの一部を見つけ、黒幕が16時の香港行きの飛行機に乗ろうとしている事に気付く。現在の時刻は14時半だった。

 この時、ベランダからガタっと物音がする。コナンがベランダに出ると、背後でサッシが閉まって施錠されてしまう。閉めたのは鷹取だった。コナンが山鹿を殺害したのか訊ねると、鷹取は俺を裏切ったのはこいつじゃないと否定する。コナンは隣りのベランダから避難用のハシゴを使って道に降りると、黒幕の海外逃亡を阻止するため、タクシーに乗って空港へ向かう。この後、鷹取は空港近くの道を塞ぐように車を停め、黒幕が運転する高級車を急停車させる。鷹取は報復のため、裏切った黒幕に向けて拳銃を構える。渋滞にハマったタクシーを降りたコナンは渋滞の先にいる拳銃を構えた鷹取に気付いて…。