事件ファイル

事件ファイル
2018年6月9日(土)放送

第R76話 「モグラ星人謎の事件(後編)(デジタルリマスター)」

 仮面ヤイバーに登場するモグラ星人にソックリな幸田は妹の早苗が行方不明になったと小五郎に相談。早苗は綿貫に殺害され、庭に埋められたという。結局、小五郎は依頼を断るが、元太、歩美、光彦は少年探偵団として事件を解決すると意気込む。コナンは幸田が綿貫の留守中に庭に忍び込み、遺体を掘り起こすつもりだと気付き、幸田を止めるために綿貫の自宅前で張り込む。その頃、近くの宝石店で強盗事件が発生。防犯カメラに映っていた強盗犯は拳銃を持った幸田だった。

 幸田は十数個の宝石を奪い、バイクで米花駅方面に逃走。コナンは幸田が逃走したと思われる地下鉄の入口近くに行き、青葉が挟まったマンホールのフタに目を留める。コナンは綿貫の家の裏口の前にもマンホールがあった事を思い出し、幸田の逃走経路に目星を付ける。その頃、元太、歩美が綿貫の自宅前で張り込んでいると、裏口の前のマンホールのフタが開き、中から汚れた顔の幸田が現れる。幸田は綿貫邸に入り、庭のあちこちに棒を刺しては抜いてを繰り返し、しゃがんで何かをする。

 綿貫は米花中央病院の看護師から患者に電話する事はないと聞き、電話してきた人物を察して急いで自宅に戻る。この後、綿貫邸にやってきたコナンは幸田の行動を見て「やっぱり」とつぶやく。その直後に綿貫も戻ってくる。綿貫は勝手に家の敷地に入ってきた幸田を殴りつける。この時、地面の何かが光り、幸田は早苗のイヤリングと思って拾い上げる。だが、それはガラスの破片だった。コナンは青ざめた顔をして小さく息をつく綿貫に注目する。コナンは幸田が自首すると察して目暮警部に連絡する。

 目暮、高木刑事、小五郎がやってくると、幸田は盗んだ宝石を庭に分散して埋めたと自白する。幸田はどこに埋めたか忘れたので庭を掘り起こしてほしいと訴え、小五郎は幸田が警察に庭を掘らせるために強盗したと気付く。幸田が強盗の時に持っていたのは玩具の拳銃だった。この後、幸田の願い通り、捜査員たちによって庭は隅々まで掘り起こされる。だが、早苗の遺体は見つからずに幸田は落胆する。幸田は強盗犯として警察に連行され、小五郎は綿貫が早苗を殺害したというのは幸田の思い違いだったと判断する。だが、コナンは綿貫の顔色が変わった事から早苗を殺害したのは綿貫だと確信していた。

 コナンは早苗の会社に話を聞きに行った小五郎に何かわかったかを確認。小五郎は同僚がコスモス好きの早苗にタネを分けてあげた事くらいしかわからなかったという。翌日、コナンは手掛かりを探すため、歩美たちと図書館で早苗が行方不明になった8日の事を新聞で調べた後、8日深夜に綿貫の家の裏の路地を通り、シャベルで穴を掘る音を聞いた持田に会いに行く。コナンは持田から話を聞き、事件の真相へと近づく。この後、コナンは綿貫の行動を思い出して全ての謎を解く…。