事件ファイル

事件ファイル
2018年6月2日(土)放送

第R75話 「モグラ星人謎の事件(前編)(デジタルリマスター)」

 コナンは元太、歩美、光彦と半月前から工事を中断しているマンションの建設現場で野球をする。北側の囲いの外側にある洋館の2階からは誰かが双眼鏡でコナンたちの様子を窺っていた。元太が打った球は北側の囲いを越え、洋館の塀の方に飛んでいく。コナンたちは球を取りに行くが、マンションと洋館の間の路地に球はなく、洋館の敷地内を探す事に。コナンたちは表門の方に回り、家主の綿貫義一に事情を説明するが、綿貫は庭に入る事は許さないとコナンたちを追い返す。

 コナンたちが家に戻ると、事務所に幸田正夫がやってくる。幸田はひと月前に妹が行方不明になったと小五郎に相談。そして、幸田は綿貫に妹は殺害され、遺体は庭に埋められたと訴える。妹の早苗は東都証券の米花支店で営業を担当。先月の8日、早苗は顧客の綿貫に会うため、夜8時に会社を出てから行方不明に。綿貫は買った株が大きく下がり、損した分を弁償しろと早苗に迫っていたという。

 11日、幸田と支店長が綿貫に話を聞きに行くと、綿貫は8日に早苗は来ていないと答えたという。8日の深夜2時頃には持田という会社員が綿貫の家の裏の路地を通り、シャベルで穴を掘るような音を聞いていた。8日以降、ほとんど家を出ていない綿貫。ただし、毎週土曜の朝10時から米花中央病院に行き、2時間ほどは留守にするという。幸田は明日の土曜、一緒に綿貫の家に行って遺体を埋めた場所を推理してほしいと依頼。だが、小五郎は法律違反だと言って依頼を断る。歩美は事務所を出て行く幸田を見て、モグラ星人に似ていると言い出す。モグラ星人は仮面ヤイバーに登場するキャラクターだった。

 小五郎は米花警察署の清水刑事から話を聞くが、清水は綿貫と早苗の行方不明は無関係と考えていた。少年探偵団として事件を解決したい元太、光彦、歩美はコナンの言う事を聞かずに綿貫の家の庭に入ろうとする。その時、綿貫が帰ってくる。綿貫は二度とあのマンションで野球をしなければ返してやると言ってボールを取りに行く。この時、綿貫は留守番電話を再生。それは米花中央病院からの電話で、明日は診察日なので来て下さいという内容だった。電話の相手は幸田と声が酷似していて、コナンは幸田が留守の間に庭に忍び込み、遺体を掘り起こすつもりだと推理する。

 土曜日、コナンたちは幸田を止めるため、綿貫の自宅前に行く。光彦は病院に向かった綿貫を尾行する事に。10時10分、コナン、元太、歩美の目の前を目暮警部たちが乗ったパトカーが通過していく。コナンはスケボーに乗ってパトカーの跡を追う。目暮たちがやってきたのは宝石店だった。7分前、この店に強盗が入り、犯人は十数個の宝石を奪い、バイクで米花駅方面に逃走。小五郎は偶然現場に居合わせていた。防犯カメラの映像から犯人が特定されるが、カメラに映っていたのは拳銃を持った幸田だった。