事件ファイル

事件ファイル
2018年5月19日(土)放送

第902話 「妃弁護士SOS(後編)」

 妃英理被害者の会と名乗る男3人に拉致され、廃ビルに連れていかれた妃英理。廃ビルに着いた直後、英理は男の1人からスマホを奪って逃げ、廃ビル内にあるロッカーに身を潜める。英理はメッセージアプリで蘭に助けを求め、小五郎、蘭、コナンは英理が何者かに拉致されたと察する。英理は自分がどこにいるかわからなかったが、コナンはチャットのやりとり、音が聞こえる時間から英理が事務所から1キロ先の東都タワーが見える場所にいると推理する。この後、男の1人にロッカーを開けられ、絶体絶命の英理だったが…。男は英理に気付かずに別の場所を探しに行く。

 小五郎、蘭、コナンは英理がいる場所を探すため、事務所から1キロ先にあり、東都タワーが見える増上寺にやってくる。ここでコナンはもう一度英理と電話を繋げ、音が聞こえたらスマホを爪で叩いてと英理に指示。コナンは射出ベルトから出したサッカーボールを蹴り、鐘つき堂の鐘に当てる。鐘の音が英理に聞こえるまでの時間は約1秒。コナンはこの事から英理がいる場所を分禄町と須単町に絞り込む。英理を探していた男2人はロッカーを開けた時にお腹が鳴った、鳴らないで言い争う。お腹が鳴ったのは英理だった。もう1人の男は話を聞いて、そのロッカーに案内しろと2人に言う。

 男3人はロッカーを開けるが、そこに英理の姿はなかった。男の1人は引き出しが温かい事に気付き、英理はここにいたと確信する。男たちは英理が外の景色を見て、個別にメッセージアプリで娘に自分がいる場所を教えないかと心配。だが、男たちは英理のスマホをハッキング済み。英理が蘭と個別にチャットをしても筒抜けの状況だった。英理は机の下に隠れ、男たちの会話を聞いていた。英理は自分のメッセージが男たちに筒抜けと知り、暗号のようなメッセージを蘭に送る。

 蘭は英理から「蟹は,生茹でだけどお陰で2匹のメカジキが美味しそう…今夜は,明るいから外で食べましょうか?」というメールが届いて困惑。蘭、小五郎は気付かなかったが、コナンは暗号と気付いて解読する。コナンは解読したメッセージの内容を小五郎、蘭に教え、その内容から英理が須単町にいると伝える。男の1人は英理が読点を「、」ではなく「,」を使う事に気付き、仲間に「,」を使って蘭にメッセージを送れと指示。男たちの思惑通り、蘭は2人の英理からのメッセージに混乱する。

 英理は男たちが「,」を使い始めたため、自分と蘭しかわからない表現で自分がいる廃ビルの特徴を伝える。そして、小五郎たちは英理が伝えた特徴の黄色がかったねずみ色のシャッターがある廃ビルを発見。4階に隠れていた英理は窓から身を乗り出して声を上げ、自分がここにいる事をビル前にいる小五郎たちにアピールする。だが、その直後、英理は男たちに見つかり、捕らえられて…。