事件ファイル

事件ファイル
2018年4月7日(土)放送

第898話 「ケーキが溶けた!」

 コナンは小五郎、蘭と喫茶ポアロにモーニングを食べに行く。注文後、小五郎は間もなく開催される東京サミットの新聞記事を読み、蘭はケーキ専用の小型冷蔵庫に目を留める。蘭は安室透の特製ケーキを食べた事があり、とてもおいしいと絶賛する。この時、冷蔵庫の裏にある電気ケトルが電子音を発して蒸気を噴く。梓はケトルの熱湯をまな板にかけて除菌をする。このケトルはインターネットに接続できるIOT家電。梓は家を出る時にスマホで操作してケトルのお湯を沸かしているという。

 安室は小型冷蔵庫の中を見て「まただ」と落胆する。冷蔵庫の上下2段に置かれたホールケーキはどちらも形が崩れていた。冷蔵庫のケーキが型崩れした事は何度もあったが原因は不明だった。安室は解決策を考える事に。この後、阿笠博士の家にいる光彦、元太、歩美がDBバッジでコナンに連絡してくる。これから阿笠が作ったドローンを飛ばすらしく、光彦は早く阿笠の家に来てとコナンに伝える。だが、その直後にコントローラーに触れていないのにドローンのローターが回転。ドローンはあらぬ方向に飛んでいって壁に衝突する。ドローンを修理するため、飛ばすのは中止になる。

 光彦、元太、歩美はコナンがポアロでケーキを食べていると知って店にやってくるが、ケーキがもうないという事実に落胆。梓は冷蔵庫の修理を業者に頼むが、点検した業者は壊れていないと伝える。歩美は商店街に安室のケーキにそっくりのケーキを販売するお店がある事をコナンに教える。コナンたちはこのケーキを購入して試食するが、味は安室のケーキの方が断然おいしかった。元太はこのケーキ屋の店主が夜中にライバルのポアロに来てケーキを壊していると推理する。コナンは元太の推理は違うと思いつつも皆のために店の外にカメラを設置し、店内を撮影する事に。

 撮影したのは閉店後から朝まで。だが、映像を確認しても特に不審な点はなく、この日はケーキも型崩れしていなかった。梓によれば、ケーキが崩れるのは大体3日に2日。それも定期的ではないという。翌日以降も外から店内の撮影を続けたコナン。そして、3日の内2日だけ深夜に不意に窓が曇り、十数秒だけ店内が見えなくなる事に気付く。梓に確認すると、その2日はどちらもケーキが崩れた日で、コナンは店内が映らなくなった十数秒の間に何かが起きた可能性が高いと考える。

 お店には鍵がかかっていて、壊された形跡もなし。歩美は鍵を持っている人が怪しいと考え、梓は自分が疑われていると思って困惑する。元太は録画映像を見て、店内が見えなくなった時、窓ガラスに何かが映っている事に気付く。ケーキが壊れた2日とも映っていたのは車だった。コナンたちは博士に映像の解析を頼み、2日とも同じタクシーが映っていると判明。コナンはケーキを壊した犯人に気付いて…。