事件ファイル

事件ファイル
2018年2月17日(土)放送

第R71話 「強盗犯人入院事件(デジタルリマスター)」

 小五郎は沖野ヨーコのコンサートの日に寝坊し、慌てて家を出ようとして階段から転げ落ちる。小五郎は足を骨折して米花総合病院に入院する事に。コナンは元太、光彦、歩美とお見舞いに行くため、小五郎が入院している503号室を訪れる。503号室には、ぎっくり腰になった関口も入院していた。関口は糖尿病も患っているという。関口は窓側のベッドで寝ている同室の赤羽に声をかけるが、赤羽は不愛想な態度をとる。赤羽は1週間前に車の事故で大ケガをして運ばれてきた患者だった。

 この後、息子の良夫が関口のお見舞いに来る。関口は孫娘の弓子は一緒じゃないのかと良夫に確認。良夫は弓子が友達と遊びに行った事を教え、関口は弓子に会いたかったと残念がる。関口は良夫の勤め先の銀行を襲った強盗の事を訊ねる。先週、強盗グループは白昼堂々と誰も傷つけずに良夫の勤め先の米花銀行から1億円を強奪。まだ犯人は捕まっていなかった。関口は名探偵の小五郎に相談する事を良夫に勧める。だが、良夫は怖くて机の下で震えていただけなので説明できないと言って相談しない。

 だが、この事件はコナンたちもニュースを見て知っていた。最初に強盗犯のリーダー格の人間が「手をあげろ」と銀行員や客たちに命令。天井の照明、防犯カメラに向かってショットガンを放ったという。この後、良夫は用事があると言って病室を出ていき、廊下で高木刑事から声をかけられる。高木は赤羽を見舞いに来た人はいなかったかと訊ねるが、良夫は用事があるとはぐらかして去っていく。光彦たちが強盗事件の推理で盛り上がる中、関口は眠ってしまう。良夫は関口に睡眠薬を飲ませていたのだ。小五郎は3時半から沖野ヨーコの歌番組をロビーで見るため、車椅子を借りてきてほしいとコナンに頼む。

 この後、良夫の前に高垣が現れる。良夫は名探偵の小五郎や刑事がいて、命令された事をできないと高垣に伝える。高垣は警察の方は手を打ち、問題の3時半には小五郎もロビーに行くと教える。良夫は娘の弓子は無事なのかと高垣に確認。高垣は弓子といる仲間の英子に連絡し、良夫は弓子の元気な声を聞いて安堵する。高垣は3時半の回診前のドサクサに紛れてやれと言って、シュークリームの箱に入れた拳銃を良夫に渡す。良夫は弓子を人質にとられ、高垣からある人物の殺害を強要されていた。

 高木は強盗に使用された車のタイヤ痕と赤羽の車のタイヤ痕が一致した事を目暮警部に報告する。強盗3人は事故でケガした赤羽を絶命したと勘違いして置き去りに。高垣は口封じのために赤羽の殺害を503号室に出入りできる良夫に命じたのだ。良夫は目暮を見つけて全てを打ち明けようとするが、近くの警官に声をかけられる。その警官は変装した高垣の仲間で、変な事は考えるなと良夫に警告する。コナンは良夫の不審な行動、周りの状況から良夫が強盗犯から赤羽の殺害を命じられている事に気付いて…。