過去の放送

#2364月14日(日)10:25~放送
アメリカ/ニューヨーク

今回のお届け先はアメリカ・ニューヨーク。ヘアスタイリストとして腕一本で勝負する徳山隆偉さん(33)と、大阪に住む母・明子さん(63)をつなぐ。NYに渡って8年。2年前にはヘアサロンの激戦区・マンハッタンのアッパーイーストに念願の店をオープン。次なる目標は「美容師の聖地ミッドタウンに超高級サロンを出すこと」という隆偉さん。NYで勝つために、がむしゃらに突き進む息子に、母は「彼はいつも自信満々。パーッと突っ走ってしまうんじゃないかと心配で…」と話す。

 元々日本でヘアスタイリストとして活躍していた隆偉さんが“世界一の街・NYで勝負をしたい”と、すべてを捨ててこの街へやってきたのは25歳のとき。高級サロンに片っ端から電話をかけ、なんとか有名トップスタイリストのアシスタントとなった。だが「給料はなく、1人シャンプーするごとにもらえるチップが5ドル。1日15ドルほどで生活しなければならなかった。あの時は辛かった」と振り返る。

 極貧生活を続けながら必至で食らいつき、技術を高めていった隆偉さんだが、そこで突き付けられたのは、技術だけではどうにもならない現実だった。「日本のサロンはシステム的にシャンプー、カラー、カット、さらに店長…と徐々にステップアップしていける。でもNYでは、アピールが下手な日本人はいくら優秀な技術を持っていても、ただ“便利なアシスタント”として使われるだけ。ステップアップは難しい」と隆偉さんはいう。

 この街で這い上がっていくのに必要なのは自己主張すること。「自分はこんなカットができる」「こんな条件では働きたくない」と、衝突を恐れず勝負を挑んでいった隆偉さん。時にはクビになり、時には自ら店を去り、数々のサロンを渡り歩きながら自分のステータスをレベルアップさせてきた。そして今や「ヴォーグ」など有名ファッション雑誌のスタイリングも手掛け、この世界では知られる存在になった。

 渡米からわずか5年でマンハッタンの高級住宅街にオープンした店は、お客の多くが地元のニューヨーカーたち。経営もすこぶる順調だという。お客のスタイリストを見る目は非常に厳しいというNY。隆偉さんはカットの技術もさることながら、ブローのテクニックも高く、さらには、新規のお客が再び店に戻ってくる率を上げるために…と、自信にあふれる視線、目力でアピールするなど、小さな努力も惜しまない。そんなパフォーマンス1つ取っても、競争が厳しいこの町で生き残るには重要なのだという。

 15人いる店のスタッフのほとんどが若い日本人。“ここにいるスタッフはかつての自分自身”との思いで、週に一度、閉店後に彼らのために勉強会を開く。技術では決して負けていない日本人が、このNYで言葉や文化の壁に阻まれて能力を発揮できずにいることが、隆偉さんには歯がゆいのだ。「アメリカ人のスタイリストはすごく自信を持っている。でもそのほとんどがハッタリだと思う。日本人は、技術はあっても自信のなさが伝わって、なかなかその良さが伝わらない。日本人の良さを売った上で勝っていきたい」と隆偉さんは語る。

 さらなる高みを目指して走り続ける隆偉さんに、母から届けられたのはヘアスタイリストの必需品シザーケース。母が自ら選んだものだ。添えられていた手紙には、「ゆっくり行っても目的地には着く。まだまだ先が長い世界。常に修業と思ってください」と、がむしゃらに突き進む息子を心配する思いが綴られていた。そんな母の想いに感謝しながらも、隆偉さんは「やることはいっぱいある。負けていられない。突き進みます!」と、力強く語るのだった。

目的の地域を拡大表示させたい時は?

アイコン を地図の中央に持ってきて左の「+」ボタンを押すと地図が拡大し、アイコンの示す地域により近付く事が出来ます。同じように、「-」ボタンを押すとより広範囲の地図を表示することが出来ます。

地図を動かすには?

地図上でマウスを上下左右にドラッグすることで、地図を動かすことが出来ます。

目的の場所を空から見てみたい!

左上をクリックすることで、地図の表示を変えることが出来ます。例えば、「航空写真」をクリックすると目的の地域を衛星写真および航空写真で表示することが出来ます。