次回予告 バックナンバー 地球便マップ ディレクターの取材こぼれ話 募集
今回の放送今回の放送

#097「アメリカ/アラスカ」 3月28日(日) 午前10:25〜10:55


今回のお届け先は、真冬には−50℃にもなるという極寒の地、アメリカ・アラスカ州のフェアバンクス。この町で活動する日本人に人気のツアーガイド・河内真樹子さん(47)と、東京小平市に住む父・信一さん(81)、母・成子さん(76)をつなぐ。アラスカの大自然に魅せられ、16年前に永住ビザを取得してこの地に移住した真樹子さん。両親は「家には電気もガスも水道も通っていないと聞いている。娘の体が心配。近くにいてほしい」と案じるが…。

真樹子さんはこのフェアバンクスで、日本から来た旅行者のためのオプショナルツアーを企画している。犬ぞり体験や凍った湖上でのアイスフィッシングなど、アラスカの大自然を堪能できるツアーと、少人数制でお客さんとの対話を大切にする細やかな対応が人気で、リピーターの多い人気ガイドなのだ。

25歳の時、ワーキングホリデーで1年間カナダに滞在した真樹子さんは、その大自然に魅せられ、6年後、勤めていた会社を辞めてアラスカに移住した。12年前にはカヤックの川下りに来ていたご主人と知り合い結婚。現在6才になる一人息子と3人で暮らしている。これまで便利なアパート住まいだったが、昨年5月、およそ600万円で5万坪の広大な土地とログハウスを購入。電気やガスは通っていないため、薪ストーブや発電機を使って生活している。生活水も30分離れた井戸から汲んでくる。風呂は週3回、近所のガソリンスタンドに併設されたシャワールームに通っている。不便ではあるが、厳しい大自然の中で暮らすことを選んだ真樹子さんは、「アラスカは何もないところに、すごくたくさんのものがある」とその魅力を語る。そして、そんな自然を愛する心は、自然が好きだった父親譲りだと真樹子さんはいう。

真冬の季節。アラスカに来るほとんどの観光客の目的はオーロラ観測だ。真樹子さんたちは家の裏手に広がる森を、オーロラツアーの観測地として切り開いた。自然現象だけに、連日連夜待ち続けてもまったく見られないこともあるが、それでも真樹子さん夫妻の温かいガイドに惹かれ、訪れるリピーターが後を絶たない。この日は観測を初めて3時間。見事なオーロラが夜空に現れ、お客さんたちの顔に大満足の笑顔がこぼれた。真樹子さんが一番やりがいを感じる瞬間だ。

「将来はうちの森をネイチャーサイトとして、旅行者も地元の人も大人も子供も楽しめる場所にしていきたい」と夢を語る真樹子さん。生き生きとした娘の姿に、父は安心しながらも、「もう日本に帰っては来ないですね…」と淋しそうにつぶやく。そんな父から娘に届けられたのは、毎年冬になると父が丸1日かけて手作りするという甘酒。本当は日本に帰ってきて欲しいのに、その気持ちを口には出せない父。そこには、極寒の地で暮らす娘の体を思いやる気持ちが込められていた。その懐かしい味に、真樹子さんは「距離を考えれば遠いけど、心が通じ合っていれば…。でもなるべく日本に帰ってあげたい」と言って涙をこぼす。


MAP

目的の地域を拡大表示させたい時は?

アイコンを地図の中央に持ってきて
左の「+」ボタンを押すと地図が拡大し、アイコンの示す地域により近付く事が出来ます。
同じように、「−」ボタンを押すとより広範囲の地図を表示することが出来ます。

地図を動かすには?

左上の「↑」「↓」「←」「→」を押すことで、地図を上下左右に動かすことが出来ます。

目的の場所を空から見てみたい!

右上の「地図」「航空写真」「地形」をクリックすることで、地図の表示を変えることが出来ます。
例えば、「航空写真」をクリックすると目的の地域を衛星写真および航空写真で表示することが出来ます。