『家政婦のミタ』の脚本家 遊川和彦への挑戦状

「無理難題からストーリーを作る。それこそ脚本家がやらないといけないことだ。絶対に面白いものを作ってやる。でも、今のテレビ局にこの企画に乗る勇気はあるのか」
課題
プロフィールはこちら
課題
課題

PAGE TOP

PAGE TOP