"人のパパでしょ!"

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 
ニュースの音声を聞きながら食卓を囲んでいた夕食時、
上の子が、自慢気に"知ってるよ!人のパパでしょ!!"
と言った単語、それは"ひとじち=人質"でした。
"ひとのちち"だと思ったようです。
  
あえて教えたわけではなく、知らない単語として子供の耳に
飛び込んだ言葉。
  
"ひとじち"はパパの一種ではないことを伝えたものの、
正確な人質の意味をその場で説明できず、する気にもならず
あとでドラ〇もんの辞典(国語辞典の入門編)で一緒に調べて
みよう、と言ってやり過ごしました。
そして、寝る前の絵本タイムには一緒に調べるのをすっかり忘れて、
"世界のわらいばなし"のような本を読んで寝てしまいました・・・。
 
職業柄、ほかの家庭よりテレビをつける時間が長いとは
思うのですが・・・ニュースとの付き合いも、考えさせられます。

慣れないなぁ・・・

  • 投稿日:
  • by

  
去年、大改訂された"アクセント辞典"。
  
育休から復帰してから使い始めたので、まだ数か月のおつきあい。
どうも慣れません・・・。
 
写真の左側の緑色のものが古い方、白地にピンクの分厚い方が新しいもの。
そう、この分厚さに、まだ慣れない・・・。(ちなみにお値段5400円!)
 
原稿の下読みをしながら、ひょいと片手で取り出して、そのまま片手で
調べてたのが・・・片手で"ひょい"の時点で、"あれ、重っ・・・。"と。
  
自他ともに認める"手デカ女"の私でこれですから、"白魚のような手"の
女性アナにはもっと重いはず・・・。
  
でも、この重さが内容の重さだと思って、用事があるときもないときも 
めくって、めくって、"こなれ感"を出していきたいと思います。
  
"こなれ感??何?そんな日本語、載ってません!" 
・・・とアクセント辞典に怒られそうですね。
 
ちなみに、一緒に写真に写っている新明解国語辞典はいい感じに
"こなれ"てきているので使い続けていますが、第五版のまま。
そろそろ更新しなくては・・・。このサイズ、手に取りやすくて好きです。

ブログ.jpg

なんだか物騒・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 
「これ、とりたてだねっ!!」
頂き物のタケノコを見て、子供が声を弾ませる。
 
???なんか変???
 
「それを言うなら"とれたて"かなぁ・・??"採れたて"ね。」
 と言いながら、頭で漢字に変換して考える。
 
とりたて、だと・・・"採りたて" もあるけど "取り立て" だと
だいぶ意味が変わるからねぇ。借金の取り立て、とか・・・。
と、頭の中でひとりごと。
  
子供にはいろんな言葉をどんどん覚えてほしいとは思いますが、
"取り立て"はまだ早いかな・・・一生、縁がないままでいてほしい
言葉です。もちろん私自身も・・・。
 
"採りたて"を水煮にした状態でいただいたので、タケノコご飯にして
いただきました!ネットで調べた白米2、もち米1のレシピで作ったら
もちもちして、香りもすばらしく、美味でした。ごちそうさまでした。

今まで不要だったものが・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 
今回は育児ネタ、それもトイレネタです。すみません・・・。
 
子連れで出かけるようになって初めて"便利""必要だ!"と
感じるようになったもの、それがトイレの"自動"機能です。
よくある、センサーで感知して勝手に流してくれるアレです。
 
子供が生まれるまでは、当然トイレの個室では1人なので、
ちょっと動いただけでセンサーが感知して、水が流れたりして
なんて邪魔な機能なんだろう・・・とさえ思っていたのですが、
子供を連れて個室に入るようになってからは助かるのです。
  
"自動"機能以外にも、かがんで押さなくていい場所に流す
ボタンがついていると、ありがたいです。
  
トイレでは、個室の選び方も変わりました。
子連れだと、オムツ交換台や子供を一時的に座らせておける
ベビーチェアーがついている個室を探すのですが、逆に1人の時は、
そういうマークがついている個室はなるべく避けるようになりました。
切羽詰まった状況で入ってくる子連れがいるかもしれないと考えたりして・・・。
(あのベビーチェアー、後追いが激しくてトイレに行くにも大変な頃、
 家のトイレにもついてたらいいのに・・・と妄想してました。)

立場が変わって実感するまで、気づかないこと、想像できないことは
もっともっとあるんだろうな、と思います。日々勉強です。


地デジ隊とは違いました・・・。

 
先日、吉本興業の映像配信アプリ"大阪チャンネル"の記者会見に
出席させていただきました!
 
在阪各局のアナウンサーが集まる、と聞いていたので、その昔
やっていた"TEAM2011"※のイメージかな?なんて思っていたら・・・
  
台本を見てびっくり!!
私以外の4局のアナウンサーのプロフィールを調べると、皆さん、
90年生まれまたは92年生まれ・・・!!
(えーっと、私は77年生まれのまもなく四十路です。念のため。)
 
とっくにアナログ放送が終わってから、社会人になった皆さんでした。
現場にいらっしゃったハイヒールモモコさんには、"ベテラーン"、
"ひとりオトナー!"と声をかけていただき、逆にありがたかったです・・・。

新入社員と研修担当、くらいの年齢差でしたので、ワイワイ、とは
いきませんでしたが(たぶん私に対しては・・・)、いつもとは違った
空気で新鮮でした。
 
育児をしながらの仕事で、時間の制約もある中、新しいジャンルの
仕事をできるのはありがたいことです。
 
"何でもできます!" "残業、平気です!"と言えた若い頃とは
状況が違う分、一つ一つの仕事の精度をあげながら、それでも
仕事の幅を広げて、ちょっとずつでもキャリアアップをしていきたい、
と思う今日この頃です。

"キャリア"という言葉も曖昧で、雲をつかむような部分もありますが・・・。
つかもうと努力を続ければ、何かしらひっかかってくるかな!?


 ※(TEAM2011・・・アナログから地上デジタル放送への移行を
 周知するために関西のテレビ局のアナウンサーで結成された
 ユニット?のようなものです。局の垣根を越えてワイワイと、
 楽しかったです!)


オウム病、知りませんでした・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 
先日、妊娠中の女性が"オウム病"に感染し死亡したというニュースを
見て、初めて"オウム病"という病気について知りました。
私が見た産経ニュースの記事では、亡くなった妊婦さんは妊娠24週
で症状がでたとのこと。心からお悔やみ申し上げます。
 
このオウム病については、2度の妊娠期間中に注意を受けたことは
なかったのですが・・・おそらく多くの妊婦さんがそうなのでは?・・・
"トキソプラズマ"と"サイトメガロウィルス"という言葉にはドキドキしました。
いずれも、妊娠中に初めて感染すると、死産や流産、または胎児の障害を
引き起こすという原虫、ウィルスの名前です。
加熱が十分でないお肉や、子供の食べ残しを食べる、といった、日常の
ありふれた行為によって感染する可能性があります。
(トーチの会、という患者さんの会のページに感染経路など詳しく
まとめられています。)
  
初産婦の時、トキソプラズマについては心配で、お医者さんにたずねたの
ですが、"あまり多くはないので、うちの病院では今検査してません。"と
聞いて、それでなんとなく納得してしまっていました。
が、第2子を出産した別の病院ではトキソプラズマ、サイトメガロウィルス、
両方の検査をしていて、なんと、私はトキソプラズマの抗体検査で陽性が
出てしまい、いつ感染したものか調べる再検査を受けました。
(結果は幸い妊娠中ではなく、だいぶ前の感染の確率が高いとのことでした。)
   
第1子と第2子で数年違うものの、病院によっても方針がそれぞれなので、
すべての病院で注意喚起されているものではないのでしょうか?
  
こんな具合に、妊娠してから初めて知ること、第2子を妊娠して初めて
知ることもあったりして、お医者さんに直接聞けるタイミングでないときは、
お医者さん発の正しい(であろう)ネット情報を探してさまよったりして、
不安な時間もありました。以前、ウェークアップで共演させていただいた
産婦人科医・宋美玄さんのヨミドクターのコラムは熟読していました。
(今は、育児のリアルな悩みにうなずき、勇気づけられています。)
 
今思えば・・・ですが、これくらい具体的な話を高校や大学で教えてもらえる
機会があったらなぁ・・・と、いや、でもその時聞いても、きれいさっぱり頭から
消えてたのかな・・・?と、とっくに妊婦ではないのに、時々考えます。

 

勇気いりました・・・(前回の続き)

  • 投稿日:
  • by

 
前回のブログの続きです・・・
 
育休からの仕事復帰へ向けて、準備を整えつつあった冬のある日、
ズーンという痛みが走ったのは、顎、というか、奥歯。
長年おつきあいしてきた"親不知"でした。
 
以前から歯科でレントゲンを撮るたびに"ややこしいとこにありますね・・・"
と指摘されていた、その下の奥歯は、"水平埋伏智歯"というらしく、
歯茎の中に完全に埋まっている上に、真横に向いて生えているのでした。
 
今後、横方向に力が加わると奥歯を押すだけなので、歯並びにも影響するし
わずかな隙間にばい菌が入ったり虫歯になったりすると、大事な奥歯までが
虫歯になる可能性がある、とのこと。
 
仕事復帰までの日数を考えて、即、口腔外科に紹介状を書いていただき、
最短で予約できる日に予約をし、1週間後には"手術"をしてもらいました。
  
歯の根っこと神経がとても近いところにあるので、抜くときに神経に触ると
術後、知覚麻痺が残ることがあるとの説明をうけ、承諾書にサインをしたときは
少々おじけづきましたが、口腔外科のベテランとおぼしき先生が、
"この親不知を残すメリットは全くありません!"とおっしゃったので、
まな板の上の鯉状態でした。
 
(以下、ちょっと生々しい部分があります。)
麻酔の注射をして、おそらく歯茎を切り裂いて、歯を砕いて取り除きながら、
根っこ近くの部分に到達したらしいのですが、最後の最後でなかなか抜けず・・・。
割と大柄な男性の先生が力いっぱい抜いてくれて・・・を何度か繰り返して・・・
やっかいな親不知くんは、抜けてくれました。45分くらいかかったと思います。
歯医者さんというのは、時にものすごい力仕事もあるのだと知りました。
もちろん細心の注意を払いながら、だと思いますが。
 
その後、知覚麻痺も出ることなく、親不知跡地もほぼ復活して、健康な歯の
有難さを実感しています。手術の予約をして診察室を出る時に、おそらく若手の
女性の先生が"体調を整えてきてくださいね"と笑顔で送ってくださった、
あの時の安心感、忘れられません・・・。

長々書きましたが、術後の痛みや腫れを考えると、仕事をしているとなかなか
タイミングをとりずらい抜歯。育休中にすませることができてよかったことの
ひとつです。

育休中にしておくべきこと・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


どうしても育児ネタ、産休・育休ネタが多くなってしまいますが、
もしかして、今から産休取る方、育休から仕事復帰する予定の
どこかのだれかの参考になるかもしれないので・・・
こんな感じでブログ、書いていきます。
 
2度目の育休を終えて仕事に戻るにあたって、やろうと決めていたこと、
 
それは、オブラートに包んで言うと・・・
"自分自身の健康を維持するため、睡眠時間を確保するため、
子供が食事(+ミルク)で栄養を摂れるよう、親子で儀式を終えておくこと"
直接的に言うと・・・
"授乳をやめておくこと"
つまり、子連れ業界(?)では、当たり前の用語、"断乳"です。
 
1度目の育休明けは、断乳せずに仕事復帰したため、夜中にまとめて
寝ることができず、子供から風邪をもらったりして自分が体調を崩しても
お医者さんに"授乳中でも飲める弱めの薬をだしますね・・・"と言われ、
なかなか体調が戻らない、先に風邪を引いた子供はすっかりパワー全開、
夜中何度も起きるので、ますます体調が戻らない・・・・
という負のスパイラルに陥っていました。
 
今回はそれだけは避けようと、復帰の日に合わせて"儀式"を終えました。
今のところ、仕事復帰してから数か月、私自身は体調崩すことなく働けています。
我が家は第2子ということもあり、大人や上の子が食べている食べ物に興味津々で
割とすんなり、食事から栄養を摂れるようになりました。
子供の月齢やキャラクターにもよると思いますが、これはおすすめです。
(追記 あくまで、個人的にはおすすめ、という意味です。親子のコミュニケーション
 として、保育園に入ってからの方が必要だ、と考える方もいるかもしれません・・・ 
 念のため。)
 
うんうん、計画どおり。
お仕事モードの服や靴を少々買い足して、準備万端?なんて思っていた矢先、
"ズーン"とある場所が痛みました・・・。長くなるので、続きは次回・・・。

出社して一番にすること・・・


新年度、スタートしましたね!!


(我が家は新年度早々、おねしょ処理2連発でアタフタ
 しましたが・・・お天気に恵まれてひと安心。
 "ノンタンのおねしょでしょん"という絵本、好きです。)


さて、タイトルの"出社して一番にすること"とは、
"しょーもな!!"と言われそうなことですが・・・
隣の席の立田アナの今日の勤務を確認すること、です。
カバンや書類、荷物が少々自分のデスクからはみ出しても
平気かどうかチェック、です。


出社時間も日によって、人によって、まちまちなアナウンス部、
人口密度はさほど高くないのですが、デスクの使い方はそれぞれ。
整い過ぎててカバンなど置く気にならないデスクから、立田アナの
デスクのように、ほどよくざっくり整っている(?)デスクまで。
私も、ほどよくざっくり、人に迷惑をかけないデスクを心掛けてます。


皆さんの働く環境はどうですか~??
新入社員が朝いちばんにみんなのデスクを拭く!みたいなシーン、
ドラマで観た記憶がありますが、実際にあるのかな!?
もしかして昭和の風景?なのでしょうか???

働く母の朝ごはん

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2児の母となって仕事復帰して、しばらく経ちますが・・・
とにかく慌ただしいのが朝。
 
4時か5時くらいに起きて、仕事や趣味のインプットの時間を取ってから、
朝ごはんの準備、晩ごはんの下ごしらえ、常備菜なんか作って・・・
というのが"理想"ですが、程遠い!!遠すぎる!!
 
簡単な朝ごはんを子供に食べさせながら、晩ごはんの準備(ほんの一部)。
(子供がいらなーい!という)パンの耳をかじりながら、子2人の体温を測り・・・
何かタンパク質も摂ろう・・・タンパク質タンパク質・・・
そうだ!コーヒーいれてた!と思い出して口にすると、ぬるくて残念な味。
 
こうやって文章にしてみると、やっぱり早起きするしかないですね!
新年度の目標はシンプルに"早起き"にします。
早起きすれば・・・ヨガだってピラティスだって、読書だってできるはず!
熱々のコーヒーも楽しめるはず!!

この4月に仕事復帰する方もいらっしゃると思います・・・
アナウンス部にも早朝から働く虎谷アナ、気の抜けない帯番組を担当する林アナ、
おそらく睡眠不足と闘っている産休&育休中の吉田アナ、という同志がいます。
頑張り過ぎず頑張っていきましょーう!