セパ交流戦終了! その②

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


その①からの続きです。
13年目となったセパ交流戦が終了し、
なぜ今年もパリーグの強さが浮き彫りになったのか?を独自目線で検証しております。


①直球
②結果を恐れない
③DH制


前回は①について執筆しましたので、今回は②から・・・


結果がすべてのプロの世界において、
パリーグの選手は結果を恐れていないように映ります。

そりゃ~誰もが結果を求めて日々プレーをしているはずです。
ですが、これから綴ることに野球という競技の本質が見えている気がします。


パリーグの打者は【振る】
セリーグの打者は【見る】

傾向としてよく表現されます。

では、なぜそういう傾向になるのでしょう???

試合序盤、パリーグ打者は1球でアウトになってもへっちゃらな感じです。
それを見て相手バッテリーは 「ストライクは振ってくる」 と考えるはずです。
次の打席もしもピンチだったら、初球の入り方を考え、ボール球で様子見することもあります。
そうすれば、打者にとってはカウント有利に進めることができます。


一方のセリーグ打者で1球でアウトになることはあまりない気がします。
人気球団が多い故、たった1球でアウトになると球場内からの【ため息】に包まれます。
交流戦は特に、普段対戦経験のない投手相手なので、より球筋を見る傾向にあります。
そうすると、相手は簡単にストライク先行で投手有利な状況を作ることができます。


私思うに、野球とは【失敗】のスポーツであり、その【失敗が許される】スポーツである。
確立論で言うならば、10回中7回失敗する打者(3回成功)が素晴らしい選手であります。
7回失敗してもOKなんですよ!


なので 【失敗の仕方】が大事なんだと考えます。
犠打や進塁打、状況によってはフライアウトではなくゴロアウトなど、
『意味のあるアウト』を積み重ねたチームが勝利に近づくのだと。


阪神や巨人など超人気チームを見ていると、
ファンの期待は10打数10安打 = 10割 を求められているように感じる時があります。
当該チームの選手達も、わかってはいるものの、結果に縛られ萎縮しているようにも映ります。


1回の失敗はナンボのもんじゃい!!!
次に取り返したらえぇやんか!!!
そんなおおらかな目線が人気チームの選手を大きく育てるように思えます。


そして③のDH制

私の野球観では、かつては、投手が打席に入ることでのベンチワークが楽しみでした。
続投かな?代打出すのかな?次の投手はどの打順にいれるのかな?など・・・

その一方で、パリーグの昔の大味な野球(野性的・野武士的とも言われたが)は・・・

ですが、セリーグ投手はビハインドゲームでは打順で交代だし、バントシチュエーションでの失敗は多いし。

DH制だと、僅差ならば、球数等の考慮して9回まで投げさせ、勝敗を背負わせることができます。
また、野手では、走攻守の何かが欠けていても打力さえあればDHでの出場が可能です。
柱となる投手やもう1人の野手の育成に大いに役立っているように思います。
実際、日本代表(侍JAPAN)メンバーにパリーグ選手が多いのが現状でしょう。

大学や社会人では、投手は打席に立ちません。
パリーグがDH制を導入した経緯はさておき、
球界発展のためにもセリーグも取り入れてもいいんじゃないかなぁ~なんて思います。


今年の交流戦の最終週、
阪神秋山投手が西武打線相手に直球中心でストライクゾーンで勝負したり、
楽天の美馬投手と阪神原口選手の息を飲む10球勝負だったり、
目が離せない展開は、勝敗は別として見ていても楽しいものです。

セパ交流戦終了! その①

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


2005年から始まり13年目を迎えたセパ交流戦も昨日で終了。
一昨年(15年)から各3試合計18試合制とマイナーチェンジしております。


チームでは、ソフトバンクが交流戦3年連続最高勝率。
全体では僅差ではありましたが 【セリーグ51勝・パリーグ56勝・1分け】
と、今年もパリーグが上回りました。


毎年感じます・・・
毎年思います・・・
【パリーグの強さはなんなんだ???】


今年、私なりの結論が出ました。
異論反論あるでしょうが、以下、お付き合い下さい。
ポイントは3点です。


①投打ともに直球
②結果を恐れない
③DH制


まず①から。
パリーグの打者のスイングって、
主力だろうが駆け出しの若手だろうがみんな気持ちいいくらい鋭いんです。
かつては、練習量の差ではないか?と思っていましたが、
セリーグの選手も皆同じくらい練習しているはずです。

では、なぜここまで差がでるのか???

きっと【意識】の差ではないかと。。。

パリーグ野球の質を考えると、
投手が直球中心(しかも強く速い)で、ストライクゾーンで勝負する傾向にあります。
対して、セリーグの野球はボールゾーンを上手く使って、変化球で打ち取る傾向を感じます。
(注:すべてがそうではありません...)

なので、相手投手をイメージしてするスイングでも、きっと
パ打者は 『あの投手の150キロ超えの直球に振り負けないスイングを』
セ打者は 『あの投手の直球を待ちながら、変化球で崩された時にどう対応しようかと』
ですから、セ打者には直球待ちの変化球打ちが上手い打者は多いのですが、
直球を見事に打ち返す打者は少ないように感じます。


入社以来、ご指導頂いている阪神ひと筋19年:現OB会会長の川藤幸三さんは
「投手も打者も基本は直球やろ!」
といつもおっしゃいます。


投手は直球を磨き、直球に自信を持ち、直球で勝負する
打者は直球を振り負けないスイングで、相手投手の直球に照準を絞り、直球打ちで勝負する


パリーグの野球を見ていると、そんな基本と言うか原点というか、
まずは当たり前のことを忠実に体現しているように感じます。
やはり、基本あっての応用ですから。


長くなるので、②と③については続きの『その②』で綴ろうと思います。

野球の神様っているんですかね・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


入団13年目の苦労人が2日連続で甲子園球場のお立ち台に上り、
その頂きで「やりました!」と勝鬨の声を上げた!

阪神タイガース岡崎太一(33)

6月3日(土)はプロ初ホームランが逆転弾
6月4日(日)はプロ初のサヨナラ打

満面の笑みに加え、その目にはうっすらと涙もにじませていた。


智弁学園から松下電器(現パナソニック)を経て、04年自由枠で華々しく入団
しかし、捕手というポジションはそう簡単にレギュラーを奪えるものではなく、
即戦力として期待されてはいたが、なかなか芽が出なかった。

プロ野球選手としてはファーム(2軍)生活が続いた。
09年オフに球団はメジャー帰りの城島を補強。
岡崎入団後、昨オフのドラフトを含めると8人の捕手を獲得していた。
2015年までの11年間で1軍出場はわずか41試合。15年はたったの1試合だった。


転機は突然訪れた・・・
2015年オフ、金本知憲監督・矢野作戦兼バッテリーコーチの就任だった。

支配下選手だけでなく、育成選手も含めて、
在籍するすべての選手を平等な目で見ると宣言した通り、
沖縄宜野座村の春季キャンプから遅まきながら頭角を現し、
昨シーズンは公式戦の開幕スタメンマスクの座を勝ち取った。


しかし、野球の神様は、まだまだ安住の地位を与えない・・・
昨季途中、試合中の打席でファウルを打った際に左手有こう骨を骨折し、
シーズン半分を棒に振ってしまった・・・


ユニフォームを脱ぎ、自宅に帰ると3人の子供達が待っている。
ファーム暮らしが続いたおととしまでは、子供達にとっては夜一緒にいてくれるいいパパだ。


【野球人として1軍でのプレーが続く = ナイトゲームが増える = 夜パパはいない】
でも、ケガもあり自宅で夜を過ごすことが増えた時、長男から思わぬ言葉を掛けられた。

「夜いなくてもいいから1軍で活躍して欲しい」

家族のためにももっともっと頑張らないと・・・岡崎パパは巻き返しを誓った


今季は8歳年下の梅野に正捕手の座を奪われているが、
その梅野捕手も必死にもがいて努力した末のここまでの活躍だ。

岡崎は打撃が・・・首脳陣の共通見解である。
開幕直後、岡崎の打撃練習を見ていた指揮官は
「岡崎は力をバットに伝えられないNO.1」と冗談交じりに揶揄した。


そんな岡崎がバットで2日連続チームの勝利に貢献した。

『野球の神様っているんですかね・・・』

おめでとうメールへの返信だった。

色々と言われながらも、必死にバットを振り続けた男にようやく舞い降りた野球神。
野球の神様は絶対にいる!
地道な努力を重ねた男を神様は裏切らない。


昨年ブレイクした原口や今季正捕手の座を射止めた梅野にも野球神は微笑んだ。
ただ、野球神は気まぐれだ。
邪心や慢心が見えるとすぐプイッとそっぽを向く・・・


それでも挑み続ける野球選手達。
こういうシーンを目の当たりにした時、この仕事をしていてよかったと思える瞬間である。


敬称略

選手プロデュース弁当

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


タイガース選手プロデュースの新作発表!

tigers04.jpgtigers05.jpg

先日、糸井選手や北條選手は発表されていましたが...

tigers01.jpg


昨日は岩貞投手と髙山選手の発表でした。

tigers02.jpg


岩貞投手のは地元熊本産ポークカツ重に加え、抹茶羊かんクレープ
既にクレープを販売している能見投手に殴り込みです...

tigers03.jpg


髙山選手は大好きな【油そば】
味も思い通りに仕上がったとご満悦でした!

tigers06.jpg


原口選手のお弁当はこの2種類。
【おふくろの味 豚ロースすき焼き重】はとてもやさしい味で、
原口選手のお母様の愛情が手に取るようにわかりました。

tigers07.jpg


ちなみに、鳥谷選手のNEW弁当【ピリ辛 鶏ハラミ重】
お子さんはちょっと辛いかもしれませんが、大人の方はお酒のアテに最高かも!


2017年甲子園開幕となる4月7日の巨人戦から販売予定です。
タイガースの戦いと同時に選手弁当もお楽しみ下さい!

史上初!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:



いやぁ~NFLスーパーボウルすごかったですねぇ~

ペイトリオッツ 34-28 ファルコンズ (延長)


前半終わって3-21
途中、最大で25点差を追いつき、
51回目にして史上初のオーバータイムによる決着とは・・・


ファルコンズにしたら、すぐそこまで手にした勝利がするすると・・・


間違いなく後世まで語り継がれる戦い。




何事も最後まであきらめてはいけないってことですね。

関学アメフト部おめでとう!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


表題の言葉選びは実は正しくないかもしれない...

昨年12月の甲子園ボウルで最多優勝回数を更新する28度目の学生日本一に輝いた
関西学院大学ファイターズ

しかし、年明け3日の社会人日本一との決戦:ライスボウルでは、
またもや厚い壁に阻まれ、目指していた真の日本一には届かなかったからだ。


フィジカルやパワーで圧倒している社会人チームに対し、
関学は今回もあの手この手で相手をかく乱しようとしたが、
それに動揺することなく、ドシッと構えた社会人。
なかでも外国人QBによる超ロングパス数発に屈した形となった。
学生アメフト界ではなかなか見ることがないプレーは、想像だけでは対応しにくかっただろう。


2016年度から、関西学連は学生日本一を決める甲子園ボウルへの出場形式を一部変更した。
西日本代表校を決定する過程で、関西リーグ1位だけでなく2位チームにも出場権利を与えた。

これによって、2位チームは1週間後に他地域の代表校と対戦し、
その1週間後に再び1位チームと戦うシステムになった。

プロ野球クライマックスシリーズのように、
リーグ終盤の消化試合が減ったり観客動員面での影響を考えた末の判断だったのだろう。
しかし、予想された通り、関学と立命館がリーグ最終戦から2週間後に再び戦うことになり、
関学が2度、立命館を退けて、節目の50回目の聖地甲子園への出場を決めた。


ただ・・・

koshienbowl.jpg


*翌日のスポーツ紙より引用


甲子園ボウルで西日本代表校が10年連続勝利している実績を見ればおわかりの通り、
【関学vs立命館】の戦いが学生アメフト界の最高峰であることは明白。
その両校が単に西日本のチームだからと片方のブロックに集められるのはもったいない。

甲子園ボウルはかつて東西大学王者決定戦であり、
今のように大学日本選手権となったものの【東vs西】の構図は変わらない。


同じ楕円形競技のラグビーなど関東の大学が中心の競技は【東vs東】の大学日本選手権が多い。
なぜアメフトだけは【東vs西】にこだわるのだろうか???


関西リーグから2位まで進出可能にしたのならば、関東リーグもそうするべきだし、
タスキがけ方式で、【関西1位vs関東2位】 【関東1位vs関西2位】
その結果、【東vs東】や【西vs西】の大学日本一決定戦となってもいいではないか???


今回は甲子園ボウル史上初となる【関学vs早稲田】の顔合わせとなり、
スタンドも青とエンジに染まり、大いに盛り上がった。
関学も決して楽な勝利ではなかった。
高校時代に優勝経験もある早稲田の選手個々の能力の高さも素晴らしかったが、
選手だけでなく、首脳陣や裏方さんも含めた組織としての関学に分があった。


【西vs西】の甲子園ボウルが不愉快と思う関東学連の方々がいらっしゃるとは思いたくないが、
やはり甲子園ボウルは学生界最高峰の崇高なる戦いであって欲しい。

さらばゴメやん・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


阪神球団から昨日一通のメールが届いた。


『ゴメス選手 (他3人の外国人選手)と契約を結ばないことをお知らせします』


来日1年目、その優しい風貌からつけられたニックネームは【パピー】
その意味の通り、子犬のような柔らかい笑顔が特徴的だった。

奥様の出産等で来日が遅れ、周囲を冷や冷やさせたが、
パピーの近くには、いつもマートンがいた。
我々の見えるところはもちろん、きっとそれ以外でもマートンとの会話が弾んでいたはずだ。
結果、来日1年目は109打点を挙げ打点王のタイトルを獲得した。


2年目の昨季、他球団に研究され、思うような結果が残せず、
3年目の今季は背水の陣での来日となった。
初来日となったドミニカ共和国の同胞:マテオやドリスの兄貴分として、
シェイプアップした身体で胸を張って関西空港に降り立った。


金本新体制で臨んだ今シーズン。
序盤は試合を決める一発・・・特に3ランHRが多く、
2度目の打点王や初のHRキング獲得もささやかれた。


しかし・・・


またもや、相手の研究され、一度狂った歯車はなかなか元に戻らなかった。


野手の新外国人ヘイグとのコミュニケーションに期待したが、
ヘイグはほとんどが2軍生活。
元々口数が少ないシャイなパピーから次第に言葉がなくなっていった。


チーム事情もあり、一塁しか守れないパピーは構想外となったが、
もしかしたら、他の球団が興味を示してくれるかもしれない。


早朝番組「す・またん」では、MCの森アナが親しみを込めて『ゴメやん』と呼んでいた。
甲子園でゴメやんの打席での盛り上がりはすごかった・・・


ゴメやん!いつかまたどこかで会おう!!

まさかの引退・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


今朝の報知新聞。衝撃的な引退が一面で報道された...

suzuki01.jpg

巨人の鈴木尚広選手が引退するとのこと。
朝起きてびっくりした。
すると、鈴木選手本人から
『今季限りで引退することになりました。また改めてご挨拶させて頂きます』
と連絡がきた。


いやいやちょっと待って!!!
まだできるやん!
あなたの存在自体がタイガースをはじめ、他球団の脅威なんよ...


巨人はCSで敗退。少し落ち着いてから、実はこの本を紹介しようと思っていた。

suzuki02.jpg


巨人の鈴木尚広選手が本を出した。
タイトルは【Be Ready】
準備の大切さが書かれている。


「本買ったよ!」と言うと、『ありがとうございます。今度サインさせてもらいます」と。
*掲載許可もらってます*

suzuki03.jpg

彼がまだ若い時の甲子園の三塁側ベンチ裏。
松井秀喜さん他スター選手が多い中、
ロッカールームではなく狭い通路にパイプ椅子に座って試合に備えていたことを思い出す。
歳は違えど当時私も若手で、自身の居場所を探すのにもがいていた頃。
同じような境遇で自然と話をする間柄になった。


巨人ひと筋20年
【神の足】と称される彼は先日のCSでも入念な準備をしていたことだろう。


では、なぜ鈴木尚選手が【神の足】と言われるのか?


それは先日達成した今季10個目の盗塁成功にある(10回すべて成功)。
この盗塁成功によりプロ20年間での盗塁成功率が歴代トップになったのだ。


成功率→.8290 (企画275 成功228-失敗47)


そのほとんどが代走。チームからは成功を求められ、
相手からすれば必ず走ってくる状況下という息を飲む場面での成功だけに値打ちがある。


盗塁成功率歴代上位者を見ても
②元南海:広瀬氏
成功率.8289 (企画719 / 596-123)
③楽天:松井稼選手
成功率.821 (企画441 / 362-79)
④元阪神:赤星氏
成功率.812 (企画469 / 381-88)

と、レギュラーとして1試合で3〜4回打席に立ち、複数回盗塁を企画でき得る選手ばかり。
企画数の差を見ればよくわかる。


ちなみに、世界の盗塁王:元阪急の福本豊氏は
成功率.781 (企画1364 / 1065-299)


ロッカールームではなく、通路のパイプ椅子に座っていたあの彼が堂々歴史に名を刻んだのだ。
もちろん盗塁には成功と失敗があるので、彼が現役を続ける限りこの数字は変わっていく。
タイガース側から見ると嫌な選手ではあるが、願わくば成功率トップのままでいて欲しい。


両親は福島県相馬市で焼肉店を営む。飲食店だけに休みなく働く両親には常々感謝し続けてきた。
そんな両親の初めてのお店休業は昨年のオールスターゲーム。
19年目で初選出となり両親を招待した。
母とし子さんが作る【豚ロースの味噌漬け】が大好きで、
東京ドームでしか買えない選手プロデュース弁当はそれがメインメニューだ。

suzuki04.jpg.JPG

それがこれ。もう食べられない...


準備を怠らず、身体のケアも余念がない。
まだまだ鈴木尚広選手の神の足は相手チームを脅かすに違いない。


はずだった・・・


10月10日のCSファーストステージ第3戦
同点の9ウラ、サヨナラのランナーとして送られた代走
しかし、相手投手の巧みなけん制球でアウト。


鈴木選手の現役最後のプレーとなった...

さらば番長&忍ちゃん・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:



この季節になると寂しい報告が届きます...


プロ野球選手の現役引退


fukuhara.jpg

阪神タイガースひと筋18年、
投手キャプテン福原忍投手の引退会見が昨日ありました。


時折、声を詰まらせ、涙涙の引退会見...
これまで空振りを取れていた球を打たれたり、思うような球を投げられなくなったと。
現役時代ともに戦い、高校の先輩にもあたる金本監督の力になれなかったと話した時、
一番涙がこぼれました。


やはり一番の思い出は、ルーキーとしてプロ初登板した東京ドームの巨人戦
『髙橋由伸選手(現監督)に満塁ホームランを打たれたことが原点だった。
あれがあったから、絶対に抑えてやる!と反骨心で18年間やってこられた』と。


囲み取材も終える頃には、いつもの忍スマイルも戻り、
『皆さん、またどこかで~』と笑顔で引き上げていきました。
今後は未定ながらも、先発中継ぎ抑えをすべて経験し、ケガの苦しみも知っている意味では、
是非とも後進の指導者としてユニフォームを着て欲しいですね。



もう1人・・・


bancyo.jpg

ハマの番長こと三浦大輔投手も引退を発表・・・
(この写真は2015年のキャンプの時)


公私ともに仲良くさせてもらっていたのでとても寂しいです。。。


球の速さがクローズアップされる昨今、
緩い球と制球力で勝負してきた男。


そして、野球人としてだけでなく、人間力も素晴らしい男。
今季1勝でもすれば工藤公康さん山本昌さんを抜いて24年連続勝利の新記録でした。
(ラスト登板で達成するか???)
ファンからも我々伝え手からも誰からも愛された男もユニフォームを脱ぎます。


忍ちゃんも番長も長い間、お疲れさまでした。
これからの人生の方が長いので、またゆっくり飲みましょう!!!(^_-)

雲あれこれ・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


先月末の甲子園球場上空・・・
この日だけほんの少しだけ秋の空でした。

kumo01.jpg
kumo02.jpg

猛暑続きだった今年の夏
これで暑さとおさらば!!!


とは、一切思いませんでしたが・・・


やはり・・・


kumo03.jpg


昨日(9/4)の甲子園上空は真夏の雲・・・


まだまだ残暑が厳しい9月になりそうです。。。
ただ、ナイターを取材していると、
最初は浜風(右から左)ですが、試合途中で風がなくなり(凪)、
その後は左から右の風に変わりました。
気温や雲はまだまだ夏ですが、風は確実に秋になりつつあります。


様々な四季を感じられる屋外球場ならではですね!


追伸
先の台風で被害に遭われた東北や北海道の方々、お見舞い申し上げます。
また、今、台風12号の接近で九州や四国で大雨に見舞われている地域もあるかと思います。
海水温度がまだ高いため、今後さらに台風が発生し上陸することも予想されます。
予め準備し、減災できるように心がけて下さい。