青と赤と緑のコントラスト

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


青と赤と緑
KGブルー・不死鳥レッド・グリーンターフ
kohshien201701.jpg
kohshien201702.jpg


これぞインスタ映えする光景...(^^;;

kohshien201703.jpg
kohshien201704.jpg


年に1度だけ、甲子園球場の内野が芝に覆われる日

kohshien201705.jpg


第72回甲子園ボウル
関西学院大学17-23日本大学
日大が27ぶりの学生日本一になった
東日本代表校が頂点に立ったのも11年ぶり

下馬評では立命館との死闘を制した関学有利
もしかしたら大差をつけての勝利の予感すらしたが勝負事はわからない...

開始3プレーで先制タッチダウンを奪った関学オフェンス陣
日大最初の攻撃をパントに追いやった守備陣
試合の入りとしては最高だった

『あの立命館とは違う。勝てる...』
そんな心の隙ができたのかもしれない

関学らしからぬ軽微な反則
相手パンターの超絶素晴らしいパントで苦しいフィールドポジション
前半途中までリードしていた関学だが
ボディーブローのようにじわじわとモメンタムが移行していた
何よりもランプレーが出ていないことが決定的だった

甲子園ボウル最多優勝回数を誇る関学には絶対的な組織力やノウハウがある
後半の再逆転を期待していたが、日大攻守ラインメンの奮闘、キッキング、
綺羅星のごとく現れた1年生強肩QB林大希選手のクレバーなパフォーマンスに
描いていたシナリオを打ち砕かれた...


試合後、関学鳥内監督は
『今年はチームが1つになるのが遅かった。勝たせてあげられなかった私の責任』
とすべてを背負った

一方、チーム再建を託された日大内田監督は、
QBだけでなく他の1年生も起用し、またその期待に選手も見事応えた
関学鳥内監督も『しばらく日大時代が続きそうだ』
と東のライバルの生まれ変わった姿に脱帽した

kohshien201706.jpg


かつて故篠竹監督の下、
ドラゴンフライと呼ばれるショットガンオフェンスで学生アメフト界に君臨した日大
その後名を轟かせた法政。ともにお家騒動などもあり安定した地位を築けなかった中、
関学はほぼ恒久的な存在を見せている
ひとえに鳥内監督以下、首脳陣の【関学愛】の賜物だろう

kohshien201707.jpg


井若主将ら4年生は涙が溢れていた
パフォーマンスを封じ込まれた3年生QB西野は唇を噛んだまま日大の喜ぶ姿を見つめていた
『関西勢の連勝を僕が止めてしまった。歴史を変えてしまった。でももう1回も負けたくない』
と、うなだれつつもしっかりと前を見た


【悔しさが人を成長させる】


関西学生アメフトには当たり前のように存在する。
ライバル達に敬意を表し、ライバル達がいるから自分達が成功できる。

あと一歩で甲子園を逃した立命館
甲子園の借りは甲子園でしか返せないと立ち上がる関学
近大や神戸も一部に戻ってきた
京大や関大、龍谷、甲南もこのままであるはずがない


2018年の関西リーグの栄冠は【悔しさ】をずっと持ち続けたチームに輝くはずだ

あと半月・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


早いもので、あと半月で新年を迎えますね・・・

今年の12月は寒気の影響で冷え込んでおり、
寒さが大の苦手な私には苦しい年の瀬となっております・・・(涙)

ただ、寒いと空気が澄んでいて・・・
先日、会社の横の歩道橋から見た景色が幻想的だったので思わずパシャっ!

shiwasu01.jpg


ナイスタイミングでしょ!!!

ほんの少しの感動だけを頼りに、冬眠せずに生きております。。。


さてさて、12(火)に今年の漢字が発表されましたね。
その日の朝、すまたん出番の際に、いきなり書けと言われ・・・
まったく頭になかったものの、思いつくがままに記したのがこれ!!!

shiwasu02.jpg


元横綱:日馬富士の暴行問題で揺れる相撲界(各界)
それと、藤井さんや羽生さん、さらに加藤一二三さんが話題を席巻した将棋界

その時はこれが思いついたんです・・・^^;))


ご存じの通り、選ばれたのは【北】
もっとシンプルに考えればよかったな・・・


皆さんもよい新年をお迎え下さいねぇ~

2週間で人は変わる!(長文お許しを)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


関西学生スポーツの花形であるアメリカンフットボール。
関西の大学が日本一になれる可能性が高い団体スポーツであり、
ytvでは1980年頃代から毎年中継している。
11月19日、日本最高峰の戦いと言われている【立命館大学vs関西学院大学】
リーグ最終全勝決戦を実況した。
amefoot1702.jpg
左から、西村大介さん(京大アメフト部監督) : 濱田篤則さん(関西学連審判部長) : 尾山

昨年度から甲子園ボウル(全日本大学選手権)へ出場するためのシステムが変わり、
関西リーグ2位からでも西日本代表校になれるようになったため、
他地域代表校との戦いはあるものの、実質、関西リーグの1位と2位が2回戦う図式となり、
昨年はリーグ1位の関学がリーグ2位の立命館を2度とも退け西日本代表校となった。

同じチームにたった2週間で2度も苦杯をなめた立命館。今年度の取り組みは壮絶なものだった。
関学と2回戦うことは承知の上で、まずは1度目の対決に全力投球。
立命館は、攻守ともに関学を圧倒。逆に関学は何一ついいところがなかった。
リーグ戦での対決では立命館が【21-7】で勝利し、2年ぶりのリーグ優勝を成し遂げた。


リーグ2位に甘んじた関学は、敗れた1週間後の11月26日、
東海地区代表の名古屋大学に【49-17】で勝利し、立命館との再戦する資格を得た。
しかし、準備はたった1週間しかない...

迎えた12月3日(日)
amefoot1703.jpg
雲ひとつない爽やかな冬空。日なたはさほど寒くなく、風もそんなに強くない。
絶好のフットボール日和だった。

再戦の結果は・・・


立命館大学【3-34】関西学院大学


正直ここまで差がつくとは思わなかった。しかも予想と真逆の結果に勝負事のわからなさを痛感した。
この結果を紐解くヒントは関学最初の攻撃結果にあったように思う。
立命館守備陣のQBサックで11yのロス。これで立命館守備陣は『今回もいける』と思ったはずだ。

ただ、前回と違ったのは関学QB西野の落ち着きだった。
試合後 『前回は焦ってしまった。立命館の強さは想定してたし、やっぱり強いと冷静になれた』と。
直後の2プレー目、RB34山口の58yロングゲインから開始4プレーで先制タッチダウンとなった。

今季初めて追いかける展開になった立命館。攻撃陣よりも守備陣に焦りが出た。
気持ちが前のめりになりオフサイドの反則が相次いだ。
11人中10人が4年生とまとまりのある守備陣がほころび始めた。
その隙を関学が見逃す訳がない。効率よく得点を重ね前半で【21-0】で折り返す。

前半ランが出ずロングパスに頼った立命館QB西山は2つインターセプトを喰らっていた。
どう立て直すのか?注目していた後半2プレー目、西山はキーププレーで負傷退場となる。

エースQBを欠いた立命館だが、バックアップQB 2年生の荒木の小気味よいプレーで反撃開始。
ただ自陣24y付近からのドライブでゴール前へ進むが詰めきれずFGの3点止まり。
ここも分岐点の1つだろう。

オンサイドキックは失敗に終わり、関学は課題のFG失敗で追加点ならず...
立命館はまだチャンスはあったが、追いかける攻撃陣も焦り始める...
4thギャンブルはエースRB32西村に託したが、今回は関学守備陣に止められ攻守交代...
その後のシリーズで、展開上決定的なタッチダウンを奪われた。

今日は攻守ともに何をやっても上手くいかなかった立命館。歯車が狂うとここまで違うのか...

逆に2週間前こてんぱんにやられた関学は攻撃陣、特にラインメン達が奮起した。
RBの個人技によるゲインもあったが、ラインの奮闘がすべてだ。
主将OL井若を中心に濃密な2週間を過ごしたのだろう。

試合前、鳥内監督は『4年生は大丈夫。あとは下級生』と話していた。
その想いが通じ、QB西野やRB山口ら3年生の気迫が出た。
試合後、主将井若は『チーム全員の力』と仲間を讃えた。


同時進行の結果、東日本代表は日大。17日は赤と青の甲子園に決まった。
関西リーグ優勝を飾りながら甲子園ボウル出場は果たせなかった立命館...

amefoot1704.jpg

立命館主将#14近江は、校歌とエール交換、全体ハドルでは気丈に振る舞っていた。
しかしWRユニットの最後のハドルで涙腺が決壊した。

『でも本当は勝って泣きたかった』と...
システムのため言い訳はできない。米倉監督も『すべて私の責任』と唇を噛んだ...


競技普及やファン拡大とは言え、プロ野球クライマックスシリーズ同様、
優勝チームが次のステージへ進めない結果となった。
日本最高峰の戦いを2度も見られる喜びはあるが、
崇高な試合を短期間で2度行わねばならない関係者はたまらない...

ただ、関西学院大学の面々はこのシステムのおかげでチェンジできたとも言える。



ラーメンフェスタ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


大阪城公園にて昨日(12日)まで
す・またん! Prezents 森ちゃんのラーメンフェスタ2017:第1幕が開催されました。


JR大阪城公園駅を出たらこの光景・・・

ramen02.jpg


チケット購入やラーメンを待つ来場者の方々で立錐の余地がありません・・・
金土日の3日間に大勢の方々にお越しいただけたようです。


人間、長時間並んでいると、わかってはいてもストレスが溜まるもので・・・


せっかく来られたのにイライラさせてはいけないと、
発起人でもある我らが森ちゃんは時間があれば
ステージに立ってトークショーやグッズ購入者の方へ署名活動をされていました。


このサービス精神に感銘を受け、たまたま休日だった私も応援活動させて頂きました。

ramen03.jpg


ラーメンブロガーの釈京子さんと3人でわいわいおしゃべりしました。

ramen04.jpg


そのトークの中で好みのラーメンの話をしたら、
今回の麺シェルジュ:森ちゃんが選定してくれました。
私の好みとぴったりです!さすが森ちゃんです。

*長時間並んでいた方には本当に申し訳ないと思っております・・・
m(_ _)m


今週末(金土日)は第2幕です。
昨日までとは別のお店が出店します。

しかし、今回も予想以上の方にご来場頂き、
予定よりも早く完売してしまったりとご迷惑おかけしたかもしれません。

ご購入頂いたチケットは今週末も使用できますので、
美味しいラーメンにたどり着けなかった方は今週末にリベンジして下さい!

詳細は↓ ↓ ↓
ramen01.jpg

身体の神秘!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


ご無沙汰しております。
長いこと執筆せずに申し訳ありません・・・


年明け1月に47歳になる私。
死ぬまでにやってみたいことがいくつかあります。


それは・・・


◆【バック転】 or 【バック宙】 をしてみたい!
◆柔軟運動、開脚や前屈でペタっと身体を曲げたい!

などなど・・・


そんなことを考えていた時、
私同様に身体が硬い知り合いからの紹介で
とある施術を受けてきました。


始まってからほんの数分・・・
比較するために左側だけ施術してもらった結果・・・

monarisa01.jpg

あらら・・・こんなに変わった・・・


その後も色々してもらい・・・
(左・上がビフォー 右・下がアフター)

monarisa02.jpg
monarisa03.jpg
monarisa04.jpg


*効果は個人差があります*


上半身のピンクのラインを比較したら一目瞭然です。
このままもう少し通ったら、ささやかな夢が叶うかもしれない!


ついでに、痛めていた右肩もほんの少し改善された気がします。


身体の神秘・・・と言うか、奥深さを感じます。


現在46歳・・・まだ伸びしろがあります!

残暑お見舞い申し上げます。


迷走台風5号が過ぎ去ったと思いきや、再び猛暑となりました・・・

被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。

それにしても、連日、最高気温が体温並みか体温以上の暑さですね・・・
寝苦しい夜をお過ごしの方も多いと思います。

私もその1人・・・睡眠不足であります・・・

なので・・・

おそらく9月まで続くであろうこの猛暑を乗り切るべく、
たまの休みではありますが、あえて身体をいじめてきました。

月に3~4回、この過酷なトレーニングで体力をつけて笑顔をキープします!

B201.jpg


アームカール

B202.jpg


スクワットジャンプ

B203.jpg


室内で空調を入れている中でのトレーニングとはいえ、
激しすぎると酸欠や熱中症気味になるので、くれぐれもお気を付け下さい・・・

いいぞ!パンダ!!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


阪神タイガースに途中から加わった
新外国人選手のジェイソン・ロジャース選手が、
21日のヤクルト戦で来日初ホームランを含む2本塁打を記録した。


愛称は【パンダ】


アメリカ時代にチームメイトからそう呼ばれていたそうだが、
由来を聞くと「ダラッとした感じだったり、横たわっている姿」が
そんなイメージとなったらしい。


おいおい・・・


日本でパンダと言えば・・・


私の印象は、東京の上野動物園のランランやカンカン、ホアンホアン
和歌山県の白浜アドベンチャーワールドにもたくさんいる。


21日のようにカンカーンと打ってくれればよし!
懸命にランラン(RUNRUN)と走ってくれるもよし!


ただ・・・


ホアンホアンと打ち上げないでね、、、
ファンはホアン(不安)になっちゃうから、、、


きっとパンダの名前で世代がわかってしまいますね・・・

プロ野球選手のセカンドキャリア

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


一冊の本が贈られてきた。
okumura.jpg


元阪神タイガース投手の奥村武博さんが執筆。
現役引退後、勉強に勉強を重ね、
合格率約10%と言われる難関中の難関である公認会計士に合格したのだ。


プロ野球選手が現役を退いた後の人生・・・いわゆるセカンドキャリアに苦しむ中、
大きな夢や希望を与えたと言っても過言ではない。


彼は、岐阜商業高校から1997年ドラフト6位で阪神に指名され入団。
1軍登板は果たせず、現役生活は4年と短かった。
1年間だけ打撃投手をした後に、野球界から離れ、その後、意を決して勉強に取り組み始めた。
合格まで9年の歳月を費やしたが、諦めずに挑戦し続けての今だ。


彼とはこんな思い出がある・・・


高卒1年目の98年ペナントレース終盤。
当時入社6年目の若手だった私と一緒にたまたま甲子園球場である試合を観ていた。
98年10月8日 横浜ベイスターズ(現DeNA)がリーグ優勝を決めた試合である。
優勝決定のマウンドにいたのは絶対的守護神:大魔神こと佐々木主浩さんだった。


当時の佐々木投手は150キロの速球と140キロ超のフォークが武器。
伝家の宝刀であるそのフォークボールを見た彼がボソッとひと言・・・


『僕のストレートより速いっす・・・』


高卒選手の1年目はまず身体作りから入ることが多い中、
彼は右ひじに異変を感じていたこともあるが、
私は「まだ1年目やんか、これからやで」と励ましたことを今でも鮮明に覚えている。


その後もケガに泣かされ続け、結局現役生活は4年と短いものだったが、
プロ野球人のほとんどが苦しむ第二の人生(セカンドキャリア)では、
球速160キロを超えんばかりの勲章を手にしたのだ。


彼のここまでの道のりを素直に尊敬するとともに、
これからの人生に幸あらんことを祈るばかりだ。

okumura02.jpg

今年5月、横浜スタジアムで取材中にばったり会った時の写真。
彼もたまたま観戦に来ていた時のひとコマ。

25周年記念ライブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


行ってきました!

mrchildren01.jpg

尊敬してやまないミスターチルドレンさんの京セラドーム公演

デビュー25年記念のドーム&スタジアムツアー2017 【Thanksgiving 25】

mrchildren02.jpg

ミスチルさんのデビューは1992年
私の社会人デビューが1993年
実際の年齢も1学年違い


苦しかった若かりし20代は彼らの曲にどれだけ励まされたか...


25周年の節目のツアーと言うことで、
セットリスト(曲順・曲選考)も見事なものでした。
桜井さんのMC含めて、演出の最高!
40代半ばになってもまだまだパワフルだし、
我々ファンもまたまたパワーを頂きました!


このツアーの最終公演が熊本ってところも素敵ですね。
あの大地震から1年数ヶ月・・・
未だ復興の道半ばの被災地へも私と同じ想いを届けて下さい!!!


ご縁があり、今回も色々な方に恵まれ、ノリノリの3時間半でした (^_-)

セパ交流戦終了! その②

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


その①からの続きです。
13年目となったセパ交流戦が終了し、
なぜ今年もパリーグの強さが浮き彫りになったのか?を独自目線で検証しております。


①直球
②結果を恐れない
③DH制


前回は①について執筆しましたので、今回は②から・・・


結果がすべてのプロの世界において、
パリーグの選手は結果を恐れていないように映ります。

そりゃ~誰もが結果を求めて日々プレーをしているはずです。
ですが、これから綴ることに野球という競技の本質が見えている気がします。


パリーグの打者は【振る】
セリーグの打者は【見る】

傾向としてよく表現されます。

では、なぜそういう傾向になるのでしょう???

試合序盤、パリーグ打者は1球でアウトになってもへっちゃらな感じです。
それを見て相手バッテリーは 「ストライクは振ってくる」 と考えるはずです。
次の打席もしもピンチだったら、初球の入り方を考え、ボール球で様子見することもあります。
そうすれば、打者にとってはカウント有利に進めることができます。


一方のセリーグ打者で1球でアウトになることはあまりない気がします。
人気球団が多い故、たった1球でアウトになると球場内からの【ため息】に包まれます。
交流戦は特に、普段対戦経験のない投手相手なので、より球筋を見る傾向にあります。
そうすると、相手は簡単にストライク先行で投手有利な状況を作ることができます。


私思うに、野球とは【失敗】のスポーツであり、その【失敗が許される】スポーツである。
確立論で言うならば、10回中7回失敗する打者(3回成功)が素晴らしい選手であります。
7回失敗してもOKなんですよ!


なので 【失敗の仕方】が大事なんだと考えます。
犠打や進塁打、状況によってはフライアウトではなくゴロアウトなど、
『意味のあるアウト』を積み重ねたチームが勝利に近づくのだと。


阪神や巨人など超人気チームを見ていると、
ファンの期待は10打数10安打 = 10割 を求められているように感じる時があります。
当該チームの選手達も、わかってはいるものの、結果に縛られ萎縮しているようにも映ります。


1回の失敗はナンボのもんじゃい!!!
次に取り返したらえぇやんか!!!
そんなおおらかな目線が人気チームの選手を大きく育てるように思えます。


そして③のDH制

私の野球観では、かつては、投手が打席に入ることでのベンチワークが楽しみでした。
続投かな?代打出すのかな?次の投手はどの打順にいれるのかな?など・・・

その一方で、パリーグの昔の大味な野球(野性的・野武士的とも言われたが)は・・・

ですが、セリーグ投手はビハインドゲームでは打順で交代だし、バントシチュエーションでの失敗は多いし。

DH制だと、僅差ならば、球数等の考慮して9回まで投げさせ、勝敗を背負わせることができます。
また、野手では、走攻守の何かが欠けていても打力さえあればDHでの出場が可能です。
柱となる投手やもう1人の野手の育成に大いに役立っているように思います。
実際、日本代表(侍JAPAN)メンバーにパリーグ選手が多いのが現状でしょう。

大学や社会人では、投手は打席に立ちません。
パリーグがDH制を導入した経緯はさておき、
球界発展のためにもセリーグも取り入れてもいいんじゃないかなぁ~なんて思います。


今年の交流戦の最終週、
阪神秋山投手が西武打線相手に直球中心でストライクゾーンで勝負したり、
楽天の美馬投手と阪神原口選手の息を飲む10球勝負だったり、
目が離せない展開は、勝敗は別として見ていても楽しいものです。