Top

脇浜紀子(ytvアナウンサー)『脇浜紀子のDive into the net』

著作権について思いつくままに

今日は著作権関連のニュースが目立つ。右は私のファーストコンタクト。


●ウィニー開発者無罪確定 ← 昨日、魚井宏高先生のツイッターで

●作家らが「自炊」代行業者を提訴 ← 今朝、読売新聞で

●米国でSOPA(Stop Online Piracy Act)が成立か? ← 今朝、佐々木俊尚さんのツイッターで

●米NBCテレビがスーパーボウルをストリーミング配信へ ← TV Todayのニュースレターで


この内、国内の動きについてしばし。

「ウィニー」は、逮捕から7年半かかってようやくの無罪判決。
ICTの世界では100年は無駄にしたって思った方がいいだろう。ツールの悪用をツールのせいにすることに知恵と時間を使うより、ツールを悪用されないようにすることとそのツールを善用することに全力を挙げていれば、iTunes Storeは日本から生まれていたかも・・・、ってさすがにそれは無理か???


「自炊」裁判には何年かかるんだろうか? 
読売新聞によると提訴した一人の浅田次郎氏は会見で、「作品は血を分けた子供と同じで、裁断された本は正視に堪えない」と述べたという。気持ちはとてもよくわかる。私も一度だけ本を出版したことがあるが、表紙や題字、紙の質など、装丁にもこだわりと思いをこめて本というのはできあがるのだと知った。でも、「血を分けた子供」は必ず紙の本でないといけないのだろうか?PCやタブレットにデジタル表示される作品は「子供」扱いされないのか。

紙の本を裁断してスキャナーで読み込む作業の代行が商売として成り立つのは、電子書籍へのニーズがあるからに違いない。紙の本とともに、電子書籍でも販売するという選択肢を読者に与えることが何故できないんだろう。すでに本を持っている人には優待価格で電子書籍版もダウンロードできるようにすればいいのではないか。デジタル化すると違法コピーが出回り、作家という職業が成立しなくなる恐れがある、というのだが・・・。

ビートルスの曲がiTunes Storeで発売された時、1週間で200万曲がダウンロードされた。1曲200円とすると4億円の新たな収益が生まれたことになる。その多くはすでにビートルズの曲をレコードやテープ等なんらかの形で持っている人たちだろう。手間さえかければ手持ちの音楽をデジタル化することはできるだろうが、手間なくダウンロードできるならお気に入りの曲を新たに手に入れたい。また、悪意を持って著作権侵害をする人がいったいどれだけいるのか。1週間で200万曲という数字は、合法的なサービスが、適正価格で、簡単に利用できるなら、法など犯したくないという人が大半であるという証左ではないか。


フェアユースの概念さえ成立していない日本だけれど、ツールの善用については本当に真剣に考えないと、いや、考えるだけでなく、もう取り組まないと、世界との差は開いていくばかりだ。

投稿者: 脇浜紀子 日時: 2011年12月21日(水) | コメント (0)

ヨミナリエも節電

yominarie.jpg


節電要請が始まった。


読売テレビのイルミネーションも早朝の「すまたん」放送時限定。


会社帰り、試験的に点灯していたところをiPhoneで。


早速、フォトストリームで共有される快感。


そんなわけで、昨夜は研究仲間と1年振りに再開し、自らの怠惰を反省。


なるべく更新を心がけよう。

投稿者: 脇浜紀子 日時: 2011年12月20日(火) | コメント (0)

アナウンサー