Top

立田恭三(ytvアナウンサー)『立田恭三の起こせ!New Wave!!』

実況?


先日、大阪で行われた「ボクシングの試合」。

メインの試合がBS日テレで放送されるのですが、

そのメインまでの試合で、放送に乗らない部分で、

初めて、実況のヘッドセッドをつけて、実況をさせていただきました。


いろいろ、イメージしていたものの5パーセントも、

発揮できないまま、、3試合。


すぐ終わってしまいました。


何をしゃべったのか、いまいち覚えてもいないし、

途中から「やけくそ」という言葉が、しっくりくるような感覚でした。

どんなに下手くそでもいい(放送にのらないので)という中で、

緊張してましたね。


あと、汗の量はなかなかのものでした。


試合が、迫力のある打ち合いで、

とにかく、楽しかった。

それが、良かった点ですかね笑


%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8.JPG


また、がんばります!

投稿者: 立田恭三 日時: 2010年06月22日(火) | コメント (0)

我慢?

絶対に笑ってはいけない瞬間ってありますよね?
でも、そんな瞬間に限って、

我慢できず一番に吹きだしてしまう立田です。

何でなんですかね~?
我慢しなきゃならない状況だからこそ、

たいしたことないことでも、どんどん面白くなっていきます。

つい先日、大阪某所にて、エレベーターに乗っておりました。

まぁ、意識はしていなかったのですが、7,8人乗っていたのかなと思います。

エレベーターに乗ると、自分のポジションと言うのがあって、
いつも、操作ボタンの前に立ってしまいます。
開けたり閉めたりしてあげるの、好きなんです。


え~、かなり長いエレベーターで、最上階へ向かっているなかで、

後ろから、「ヘッ、へっぃ…」と聞こえ、

この時点で、「あ、くしゃみだな」とわかりました。


エレベーターという密室空間でしたので、

少し遠慮されていたのかもしれません。

「ヘッック、ドゥン!!」

??

ションじゃなくて?
ドゥ?

なぜその音が出たのか、しかもあからさまに、
「ドゥン」と言ったように聞こえました。
いや、今思えば、何一つおかしなことはないんですが、

そのときはもうだめでした。。

操作ボタンの角に、顔をうずめて、我慢しました。

何でなんですかね~、演劇をやっていたときもありました。

本番中に、笑いそうになったのを必死にこらえるという…。
ツボに入ると怖いですね。


そんなときの対処法考えとかにとダメですね笑

あ、もう6月だ~!!

投稿者: 立田恭三 日時: 2010年06月01日(火) | コメント (0)

アナウンサー