Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「星稜、悲願の初優勝!」

第93回全国高校サッカー選手権大会決勝は、延長戦の末、石川県代表・星稜高校が群馬県代表・前橋育英高校を破り、悲願の初優勝を果たしました!!!


大会直前の不慮の事故の為、このグラウンドに立てなかった星稜の河崎護監督と前橋育英の山田耕介監督は同期で親友。これまで私が高校サッカーに携わってきた20年を思い出し、この決勝を両監督がどれだけ待ちわびていたかと考えたら胸が熱くなりました。


今から約20年前、静岡県御殿場市の時之栖スポーツセンターを立ち上げた阿部章さんの自宅に焼酎の1升瓶などを持ち寄ってこたつに入り、阿部さん、当時30代だった星稜の河崎監督、前橋育英の山田監督、奈良育英の上間政彦監督、四日市中央工業の樋口士郎監督と私で、「俺達が日本サッカー界を変えるんだ!!」と連日、夢物語の様な壮大な話を朝までしていました。





(現在のクラブハウス)




(グランド)

入社間もない
20歳そこそこの駆け出しの私もその輪の中に招き入れて下さり、「関西のサッカー文化はお前に責任があるんだぞ!もっとしっかりしろ!!!」と、毎日説教されていたのを思い出します。


最初はそっけなかった監督達も、あしらわれても食らいついてくる私を面白く思われたのか、段々と信頼して下さる様になりました。この時の愛の鞭がその後のアナウンサー人生の中で、私にとってどれ程大きな財産になったか。感謝してもしきれません。


今でこそ、御殿場時之栖のサッカー場は10面以上のコートと立派なクラブハウス、5つのホテルに温泉、レストランと設備が揃い、男女日本代表チームも合宿をする程の一大リゾート施設になりましたが、当時はコート1面とプレハブのクラブハウスから始まりました。


20年経った今、その夢物語が現実になりました。現在日本代表を支えている選手達は、この監督達が育ててきた選手達です。


こんな名将と言われる監督達でさえ、毎年優勝候補と言われながら、初優勝まで30年もかかるのですから、一つのチームを育て上げるのは簡単なことではありません。河崎監督の悲願をコーチスタッフ選手達が一丸となって達成しました。


河崎監督、初優勝本当におめでとうございます。そして一日も早いご回復をお祈りします。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2015年01月14日(水) | コメント (0)

アナウンサー