Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「高校サッカー開幕!」

第92回全国高校サッカー選手権が開幕しました。


30日に行われた開会式。国立競技場の入場行進は選手達にとって
一生の宝物。松岡主将を先頭に堂々の行進でした。




私は大阪府代表・履正社高校のベンチリポートを担当。
練習取材ではゴールネット裏でボール拾いのお手伝いも。





リポーターもチームの一員なんです。
 

船出となった31日の1回戦では、秋田県代表・秋田商業を2−0で破り2回戦進出。


前半は圧倒的に押し込みながらも得点ならず。後半に入ると4分・瀧本のゴール。39分・菅原のダメ押しゴール。苦しみながらもきっちり勝利をものにしました。


履正社高校は創部11年目での初出場で、全国初勝利!サッカー部の歴史に新たな1ページが刻まれました。


さあ、2回戦の相手は徳島県代表・徳島市立高校。読売テレビではこの模様を新年1月2日、14時05分から中継しますので是非ご覧下さい!!3回戦進出も期待しています。


皆様、よいお年をお迎え下さい。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年12月31日(火) | コメント (0)

「来シーズンへ向けて」

少し時間が経ちましたが、今シーズンの日本ゴルフツアーの日程も終了しました。


最終戦の“ゴルフ日本シリーズJTカップ”では、宮里三兄弟の二男、宮里優作プロが涙のツアー初優勝を飾りました。


実は優作プロ、プロとしての優勝は初めてではなく、今年6月のローカル競技“九州オープン”で経験済み。


その九州オープン翌週の日本ゴルフツアー選手権で、早速優作プロの組に付き話を聞いたのですが、“優勝”を経験したことでの自信も付いたようでした。ツアーでの初優勝も期待していたのですが、やってくれました!!


そして何といっても今シーズンは、松山英樹プロの日本ツアー史上初となるルーキーでの賞金王や、片山晋吾プロの復活など、話題に事欠かないシーズンでした。


二年前、ハワイのソニーオープンで、予選落ちした当時アマチュアの松山選手と、最終日に一緒に小田孔明プロに付いて、あれこれ話しながらギャラリーをしたことが今では嘘のようです。


その時、66位で最終日を終えてパター練習をしていた韓国のノ・スンヨルの姿を見た松山選手が、「あの選手は誰ですか?」と私に尋ねてきました。私がスンヨルの戦歴や松山君と同級生だよということを簡単に説明し、「近い将来、ノ・スンヨルと松山君が世界の舞台で優勝争いをする日が必ず来るよ!!」と伝えると、松山選手は「今は(スンヨルに)負けてるな~。頑張ろう!!」とスンヨルにライバル意識を燃やしていたのですが・・・。


あれからわずか二年足らずで、ルーキーでの日本ツアー賞金王、世界ランキング23位(今現在)まで上り詰めるとは。私が想像していたよりもずっと早く、世界の舞台へ旅立って行きました。


す・またんファミリー・韓国支部からも日本ツアー賞金ランキング2位に弟分のキム・ヒョンソン(金亨成)と5位にパク・ソンジュン(S.J.パク)が入りました。





(左から、S・J・パク、キム・ヒョンソン、デービッド・オー)

弟達は「小澤先輩のおかげさまです!!」と言って帰国して行きました。シード権も無い頃から応援してきましたから、この躍進は嬉しい限りです。


帰国したと言っても、ヒョンソンはすぐにロイヤルトロフィーで中国へ飛び、それが終わって年明け早々にはタイに渡り、タイで行われるコリアンウインターツアーに参戦しながら長期の合宿です。


ソンジュンは日本ツアー終了後にすぐにアメリカに渡り、PGAの2部ツアー、ウェブドットコムツアーのクォリファイングトーナメントに出場して、6日間競技を25アンダー、3位タイで終え、見事来年の出場権を得ました。年明けからアメリカで合宿に入り、2月からウェブドットコムツアーを転戦するそうです。


松山英樹プロ、石川遼プロ、川村昌弘プロなどは年明けのPGAの事実上の開幕戦、ソニーオープンからツアー参戦です。彼らのシーズンは既に始まっています。


夢に向かってどんどん突き進んでいる彼らを見ていると、本当に羨ましく、頼もしく、私も励みになります。


今から来シーズンが楽しみです!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年12月29日(日) | コメント (0)

「大阪モーターショーへ」

休日、2年に一度の祭典、大阪モーターショーへ行って来ました。


イベントを切り盛りしている、元テレビ大阪アナウンサーで同期の酒井健治プロデューサーとも久々の再会。





偶然にも“かんさい情報ネットten.”の中継で会場に来ていた山本アナウンサーとも遭遇したのですが、「わざわざ私の中継ぶりを見に来て頂いたのですか?」と真顔で言われ・・・。なんでやねん!!

広大な6つの会場に国内外の色々な車が展示されており、車好きには堪りません。


中にはハンドルがなく、体重移動だけで動かす車や、





二輪車も。





でもやっぱり私の憧れはスーパー・スポーツカー。





いつか乗ってみたいものです・・・。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年12月23日(月) | コメント (0)

「ロッテ・西野選手と」

先日“プロ野球オールスター・スポーツフェスティバル”の取材に行って来ました。





会場で千葉ロッテマリーンズ・西野勇士選手と。





西野選手は育成選手として08年に富山県の新湊高校から育成ドラフト5位でロッテに入団し、2軍で4年間の下積みの末、昨年11月秋季キャンプ中に念願の支配下登録となりました。


今年4月8日の楽天戦でプロ初先発し、7回無失点の好投。育成出身投手では史上初の初先発初勝利という快挙を成し遂げると先発ローテーションに定着、2桁勝利こそ逃しましたが、パ・リーグの育成出身投手では過去最多となる9勝をマークし大ブレーク。契約更改では440万円から500%アップの2640万円(推定)でサイン。


昇給率500%は球団史上最高とのこと。更に背番号もこれまでの「67」から、「マサカリ投法」で知られるロッテの大エース・村田兆治さんらが背負った「29」への変更が決定し、「ロッテを支えた方々がつけたすごい番号。僕もチームを支えられる選手になりたい。」と話しました。


「一時はもう野球人生も終わりかと思っていた・・・」という崖っぷちの状況から、ロッテでは別格のエースナンバー「29」を背負うまで這い上がってきた根性はただ者ではありません。話していても本当に気持ちの良い好青年で、こういう選手は球団関係なく応援して行きたいです。

新春恒例、プロ野球オールスター・スポーツフェスティバルは1月12日(日)12時15分から放送です。是非ご覧下さい!!

おまけ。





今年も神戸ルミナリエを見てきました。


今年は7年ぶりに来場者数が増加に転じ、募金額が初めて前年を上回ったそうです。来年も必ずこの“希望の光”が見たいです!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年12月19日(木) | コメント (0)

「ひーやんコンペ!」

毎年桧山進次郎さんが仲間内で開催しているゴルフコンペ“24チャンピオンシップ”に参加してきました。


私は箕浦守一プロ、ラグビー神戸製鋼コベルコスティーラーズの山本大介選手、森本雄也プロと一緒にラウンド。私達の組だけ「チャンピオンティーからラウンドするように!!」とひーやんからお達しがあり、難コースに苦戦しました。





私達のカートナンバーが偶然“24”で、何かラッキーがあるかもと思ったのですが・・・。





優勝は何とひーやん!!インコースは1アンダーの素晴らしいスコアでした。


やっぱりひーやんは持っています!!


表彰式では即興でひーやんと私のコンビでダブル司会をしました。来年は是非、解説者と実況アナウンサーとしてコンビを組みたいです。


“す・またん”への出演交渉もしたところ快く引き受けてくれ、13日(金)にひーやんのす・またん出演が決定しました!!!是非ご覧下さい!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年12月08日(日) | コメント (0)

「来年はJ1で関西ダービーが見られます!」

J2リーグのレギュラーシーズンが終了し、優勝はガンバ大阪、2位はヴィッセル神戸、3位は京都サンガFCと上位3つを関西のチームが占めました。


ガンバとヴィッセルは共に1シーズンでJ1リーグへの自動昇格を決め、残るJ1への昇格枠1つは、3位から6位までのチームによるトーナメント方式のプレーオフで決定します。


先週末、そのプレーオフの準決勝、リーグ3位の京都サンガF.C.とリーグ6位のV・ファーレン長崎戦を実況しました。


試合は0−0の引き分け。長崎の攻撃が予想以上に激しく、京都の持ち味である“繋ぐサッカー”を見せることは出来ませんでした・・・。


規定により年間上位の京都サンガがリーグ4位の徳島との決勝戦に進み、残る1枠を賭け戦います。


長いシーズンを戦ってきているのですから、普通に3位のチームまでがJ1へ自動昇格でもいいのではないかとも思ってしまいますが・・・。


京都サンガには是非このプレーオフで優勝してJ1に昇格してもらいたいです!!





解説のミスターガンバ・松波正信さん、元V・ファーレン長崎・山形恭平さんと。


来シーズン、関西の全チームがJ1で見られることを願って・・・。


頑張れ、京都サンガFC!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年12月05日(木) | コメント (0)

「嵐山の紅葉」

休日、大好きな京都へ紅葉狩りに行って来ました。


まずは嵐山へ。








今年の紅葉狩りは絶対に嵐山!!と決めていました。





9月の台風18号による被害が嘘の様に、沢山の観光客で賑わっていました。


老松さんでお抹茶と栗ぜんざいで温まりました。





日が暮れて清水寺の夜間拝観へ。


こちらも大賑わい。ライトアップされた清水の舞台と紅葉です。





写真ぼけていますが・・・。


今年も綺麗な紅葉が見られて幸せです。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年12月02日(月) | コメント (0)

アナウンサー