Top

小澤昭博(ytvアナウンサー)『小澤昭博のゴルフナビ』

「不動の二十歳、初優勝!!」

混戦のパナソニックオープンで見事な逆転初優勝を飾ったのは、ツアー参戦二年目、二十歳の川村昌弘プロでした。





川村プロとは一昨年のマイナビABCチャンピオンシップで私がキム・ヒョンソン(金亨成)プロのキャディをした時に予選ラウンドが同組で、二日間一緒にラウンドさせてもらいました。当時まだ高校生のアマチュアだった川村選手のその落ち着きぶりと、パッテイングの正確性、何より強気なゴルフに感心したものです。


近い将来、必ずプロとして活躍するのは間違いないとは思っていましたが、その翌年にはプロ転向しツアー参戦。二戦目には3位タイという素晴らしい成績でシード権を獲得しました。二年目の今年、左手親指のケガにより苦しい試合が続いた時期もありましたが、二十歳らしからぬ不動の信念は揺るぎませんでした。


ケガをしていた春先に「僕はプロになってから甘えていました。スタッフの皆さんに全てやっていただいてしまって。今年は、残り距離の測定や判断もすべて自分でチェックします。つい1年前、ジュニアの頃は自分でキャディバッグも担いでいたんですから!」と
自分を厳しく律していました。


大会2日目が休みだったので観戦に行き、川村プロの組に付いたのですが、とても難しいコースセッティングで、他のプロが中々スコアを伸ばせない中で68ととても安定したプレーをしていて、これはもしかして・・・という予感はあったのですが、圧巻の逆転劇でした。


初優勝に涙はありませんでした。川村プロらしく、「やっと、やっとと言うか、早いと思うんですけど、一勝することが出来たので、これからも二勝、三勝と勝って行ける選手になりたいです。」と淡々と語りました。世界の舞台を目指す川村プロにとっては初優勝も通過点、これからが本当の勝負なんです。


周りからすれば、プロ転向二年目、二十歳での初優勝は順風満帆だと思われるのでしょうが、川村プロ本人にとっては“やっと”という気持ちだったのでしょうね。


最終日はサッカー中継があり会場には行けなかったので、おめでとうメールをすると、「ありがとうございます!また頑張りまーす!」と二十歳らしい返事が返ってきました。


これからも不動の信念で、二勝目、三勝目ともっともっと強い選手になってもらいたいです。


川村くん、本当におめでとう!!


P.S. 川村プロをサポートしたプロキャディの小岸さんもおめ でとう!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年09月30日(月) | コメント (0)

「京都サンガ戦@鹿児島」

年に一度、鹿児島の鴨池陸上競技場で行われる京都サンガのホームゲームの実況をしに、鹿児島に行って来ました。





いつもはこのスタジアムからも桜島が見えるのですが、灰が上がっていて見えません。





鹿児島市内のスタジアムにも沢山の灰が積もっており、試合直前までスタッフによる清掃が行われていたのですが、キックオフ直前にも爆発があり、いたちごっこという感じ・・・。


中継中ももくもくと噴煙が上がり、火山灰が降る中、選手は勿論、中継スタッフも灰だらけになりながらの試合になりました。


J2・6位の京都の対戦相手は、18位カターレ富山。京都は下位チームから勝利をおさめ、6位以内に与えられるJ1昇格プレーオフ出場権を確実なものにしていきたい試合。富山はJ2残留を果たすためにも何とか上位京都を叩き浮上のきっかけにしたい試合。


しかし、過去の対戦成績を見ると、富山の1勝3分けと、京都にとっては分の悪い相手。下位チームとはいえ侮ることはできません。


前半45分は両チーム得点なく、0−0。一転後半は、ゴールの押収に。京都が3−1とした時点で勝敗の行方があらかた見えたか・・・と思いましたが、富山が粘りをみせ3−2と1点差に詰め寄りました。しかし、反撃もここまで。3−2で京都が勝ちました。


それにしても、実況中に火山の噴火状況を交え、灰の降る様子をお伝えしながらのスポーツ実況は、アナウンサー生活23年目でも初めての経験でした。


スタジアムを去る時には舞ってくる灰の量がさらに多くなり、ホテルに着いてみると、黒のジャケットが真っ白になっていました。


あらためて鹿児島に住むみなさんの苦労が身に染みてわかった一日となりました。





(鹿児島土産は勿論これです!)

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年09月23日(月) | コメント (0)

「浪花阿呆鴉観劇で感激!」

大阪・新歌舞伎座へ市川月乃助さん、早乙女太一さん出演の時代活劇“元禄チャリンコ無頼衆・浪花阿呆鴉”を観に行って来ました。





脚本・演出がスーパー歌舞伎の脚本なども手掛ける横内謙介さんということもあり、どんなサプライズがあるのかと楽しみに出掛けたのですが、その期待を裏切らないスぺクタクルな舞台でした。


江戸時代の大阪を舞台に、早乙女太一さん演じる文七を総長とするチャリンコ暴走族5人衆が、悪を成敗しようと自分たちの命も顧みず果敢に立ち向かって行くストーリー。


クライマックスでは早乙女さんがチャリンコにまたがったまま3階席の高さまで宙を舞いました。


最後は若者達の男気と友情に感動し、思わず涙・・・

早乙女さんの舞台を観るのは初めてで、早乙女さんと言えば女形と思っていたのですが、ワイルドな総長役も凄くはまっていました。


今度は是非女形の妖艶な早乙女さんも観てみたいです。

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年09月15日(日) | コメント (0)

「ひーやん引退発表」

阪神タイガース一筋22年の桧山進次郎選手が現役引退を発表しました。この一報を聞いた時、「とうとう来たか・・・」と何とも言い様のない気持ちでいっぱいになりました。




桧山選手は私が読売テレビに入社した翌年の1992年に阪神に入団。新人アナウンサーと新人プロ野球選手、立場は違いますが、下積み時代から互いに励まし合い、一緒に頑張ってきた同志だと私は思っています。


あれから22年が経ち、桧山選手の2軍時代から阪神の4番を任され、代打の神様と呼ばれるようになるまで、その選手生活の全てを見てきました。走馬灯の様に思い出されます。私も会社ではベテランと呼ばれるようになりました・・・。


桧山選手の素晴らしい実績は勿論皆さんご存知だと思いますが、このブログでも度々書いているとおり、グランドの外でも大変な人格者で尊敬すべき人物です。


引退会見を行った日の試合が終わった後に「無事に会見を終えてほっとしています。引き続き今後ともよろしくっす!」とひーやんらしいメールが届きました。ここ数年は、限られたチャンスの中で相当のプレッシャーがあったのだと思います。


まだまだシーズンは終わっていません。プロ野球人として優勝の可能性のある限り、それを目指すというひーやんを、最後の一打席まで応援したいと思います。


その後はまた第二の人生の同志として切磋琢磨出来たら嬉しいです。こちらこそ、これからもよろしく!!

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年09月10日(火) | コメント (0)

「す・またんファミリー初優勝!!」

このブログでもお馴染み、弟分のS・J・パク(パク・ソンジュン)がVanaH杯KBCオーガスタで初優勝しました!!





(すまたんファミリーのソンジュン)

先週の関西オープンでは初優勝がかかっていましたが、豪雨で最終日が中止となり、1打差の2位に終わりました。私も休みの日には、ソンジュンをホテルまで迎えに行き一緒にコース入りしていました。


関西オープン最終日の中止か決まって悔しがるソンジュンに、
「去年はヒョンソン(ソンジュンが兄と慕うキム・ヒョンソン。日本では本当の兄弟以上に行動を共にしています。)が関西オープン2位で悔しい思いをしたけど、翌週のオーガスタで初優勝したから、今週2位だったソンジュンが来週のオーガスタで初優勝だよ!!」と伝え、幸運を呼ぶ“す・またんタオル”を渡しました。





*関西オープン期間中に選手達と決起集会
(左側、手前から二人目がソンジュン)


最終日前日にソンジュンに電話をすると
「全て絶好調です!!早く勝ちたいです。世界でも戦える素晴らしい先輩たちといつも一緒に練習してもらっているので、優勝争いでも緊張しません。明日ホールアウトしたら小澤さんに電話しますね。」ととても落ち着いていました。


いつも一緒に行動している韓国人プロチームの中では末っ子で、天然キャラとして可愛がられていますが、いい意味で図太く、強い意志を持っています。


今年から自身のスポンサーとなった会社を私に説明するのに、「“すばらしい”を作っている会社です。(本当は“わりばし”と言いたかった)」と真顔で言い、先輩達から一斉に突っ込まれていました。


「小澤さんの応援のおかげで優勝出来ました。18番ではちょっと緊張しましたけど、自分のペースでプレー出来ました。本当にありがとうございます。」と言ってくれる可愛い弟です。


しかし、す・またんタオルを渡した直後の大会で優勝するとは、タオルの御利益もあなどれません。阪神の選手にも沢山渡しているはずなのですが・・・巨人の選手にも渡しているからでしょうか・・・。


そして、“す・またん!うまたん!うまいもん祭”はJR大阪三越伊勢丹で明日2日の18時まで開催しています。この幸運のす・またんタオルも販売していますので、是非足をお運び下さい!!



 

投稿者: 小澤昭博 日時: 2013年09月01日(日) | コメント (0)

アナウンサー